バニャイヤ「21年型ドゥカティ機はすでにパーフェクト」も更なる改善目指す

ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤは2021年のバイクはすでに”パーフェクト”だったとするも、完璧なバイクをさらに改善するとし、ヘレスで行なわれた2日間のテストに臨んだ。

バニャイヤ「21年型ドゥカティ機はすでにパーフェクト」も更なる改善目指す

 MotoGP2021年シーズンでランキング2位となり、5度のポールポジション、4度の優勝を記録したドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤ。そのバニャイヤはすでにドゥカティのマシンはパーフェクトだと語っている。

 最終戦バレンシアGP終了後に、MotoGPは早くも2022年シーズンに向けた最初のテストがヘレス・サーキットで行なわれた。各チームが新型マシンやパーツを持ち込んでテストを行なっており、ドゥカティもその例に漏れず、精力的にテストを行なった。

 ドゥカティは、新型エンジンやフェアリング、エキゾーストなどのテストを実施。バニャイヤの走りも好調で、テスト2日目にはトップタイムとなる1分36秒872を記録している。このタイムは、第4戦スペインGPの予選で自身が記録したタイムよりも速いものだ。

 バニャイヤはドゥカティのマシンについて、すでに2021年型の時点で“完璧“だった言及。ただそれでも2022年に向けた改善を目指す姿勢を見せた。

「古い(2021年型)バイクでも既に完璧だったけど、僕たちはさらにこのバイクを完璧なものに改良している」

「それは素晴らしいことだ。僕たちのラップタイム、ミディアムとユーズドタイヤで走らせたペースはとても良かった」

「これはドゥカティが素晴らしい仕事をした証拠だ。なぜなら、バイクの改善はすでに素晴らしい。これは簡単なことではない」

「来年に向けて僕たちはより沢山のことを試していく。セパンで何か試すものがあると思う」

 バニャイヤは2022年型マシンの開発に関しては、ドゥカティに”全幅の信頼”を寄せているとし、2020年の新型コロナ発生以来初めて開発された2022年型のエンジンに関しても、すでに現行機の水準に追いついていると語った。

「(新型)エンジンの特性は全く異なるものだ」

 バニャイヤはこう付け加える。

「でもいつもそうだけど、何か新しいものを試す時はそのものを理解しなければならない。2日目に使用したもの(エンジン)は多かれ少なかれ古いものと同じレベルだった」

「そう、だから僕たちはまだ改善する余地がある。ドゥカティの仕事にはとても良い感触を得られた。自分に自信を持てた。僕とジャック(ミラー/チームメイト)はこのバイクを改善できるよう、ドゥカティに上手く伝えることができている」

「バイクには小さな違いがいくつかある。あるモノは良く働いてくれるけど、そうでないモノもある」

「だから理解するためにラップをこなし、来年に向けての道を見つけなければならない。でもすでに感触は最高だ」

 なお2021年王者となったファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)は、2022年に向けてドゥカティを”脅威”だと認め、ヤマハにマシン改善に向けた発破をかけている。

 
Read Also:

シェア
コメント
MotoGPヘレステスト2日目:2022年シーズン最初のテストはバニャイヤ首位で終了。次回は2月セパン
前の記事

MotoGPヘレステスト2日目:2022年シーズン最初のテストはバニャイヤ首位で終了。次回は2月セパン

次の記事

トプラク・ラズガットリオグル、WSBK初王座に輝く! ヤマハ戴冠は09年ベン・スピーズ以来

トプラク・ラズガットリオグル、WSBK初王座に輝く! ヤマハ戴冠は09年ベン・スピーズ以来
コメントを読み込む