”わだかまり解消”へ。ドゥカティのふたりがミラノで話し合い

シェア
コメント
”わだかまり解消”へ。ドゥカティのふたりがミラノで話し合い
Oriol Puigdemont
執筆: Oriol Puigdemont
2018/11/06 10:58

マレーシアGPで、ドゥカティのロレンソとドヴィツィオーゾの間にわだかまりが生まれることになってしまった。この状況を懸念したチームは、ふたりと話し合いを行う予定だ。

 ドゥカティ・チームは、ホルヘ・ロレンソとアンドレア・ドヴィツィオーゾの間にマレーシアGPの際に生じてしまったわだかまりを解消するため、話し合いの場を設けるつもりだという。

 ドゥカティのホルヘ・ロレンソは、怪我からの回復度合いが思わしくないため、先日行われたマレーシアGPへの出場を取りやめた。

 これについてチームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾが、「詳細は知らない。それに関わりたくないんだ。これは少し奇妙な状況だね」予選後に発言。これについてロレンソがツイッター上で皮肉たっぷりに噛み付いた。

 この状況を危惧したドゥカティは、火曜日にイタリアのミラノにふたりを呼び、わだかまりを解くことを目指すという。

 ドゥカティのスポーティング・ディレクターであるパオロ・シアバッチは、motorsport.comに次のように語った。

「ライダーたちの個人的な問題よりも先に、ドゥカティの利益を最優先する必要があるのは明らかだ」

「火曜日にミラノで行われるEICMA(バイクショー)で、我々は一緒になる。そしてホルヘとアンドレアと話すのに、30分程度を費やすつもりだ」

「先週起きたことと同じようなことが再び起きるのを、我々は避けたいのだ」

「こういうことが起きる可能性があるのは理解している。時には雨が降るなど難しいコンディションになり、ライダーが緊張する時もある。時には言うべきではないことを言うこともあるんだ」

 シアバッチにとって、今回のような問題に対処するのは初めてのことではない。2016年には、ドヴィツィオーゾとそのチームメイトだったアンドレア・イアンノーネの間の対立が悪化したこともあった。

「”もうやめろ!”と言わなければならない瞬間がある」

 そうシアバッチは付け加えた。

「ドゥカティのイメージは、ライダーたちのエゴよりも重要なのだ。そして、彼ら(ロレンソとドヴィツィオーゾ)は、それを理解するのに十分な賢さを持っているはずだ」

次の記事
MotoGPコラム:苦難の道を駆け抜けた、Moto3王者マルティンの揺るぎない心

前の記事

MotoGPコラム:苦難の道を駆け抜けた、Moto3王者マルティンの揺るぎない心

次の記事

KTMのブラッドリー・スミス、来季より開催のMotoEに参戦決定

KTMのブラッドリー・スミス、来季より開催のMotoEに参戦決定
Load comments