MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ドイツGP
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
9 days
R
アンダルシアGP
24 7月
-
26 7月
次のセッションまで……
16 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
29 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
36 days
R
スティリアGP
21 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
44 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
64 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
72 days
R
カタルニアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
79 days
02 10月
-
04 10月
Canceled
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
93 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
99 days
R
アラゴンGP
16 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
100 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
107 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
121 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
128 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
Canceled

MotoGPオランダFP1:中上貴晶がホンダ勢トップの5番手。首位はクアルタラロ

シェア
コメント
MotoGPオランダFP1:中上貴晶がホンダ勢トップの5番手。首位はクアルタラロ
執筆:
2019/06/28 9:18

MotoGP第8戦オランダGPのフリー走行1回目が行われ、ペトロナス・ヤマハのファビオ・クアルタラロがトップタイムをマークした。

 MotoGP第8戦オランダGPのフリー走行1回目が行われ、ペトロナス・ヤマハのファビオ・クアルタラロがトップタイムをマークした。

 今週末、欧州は広く熱波に襲われるという予報が出ているが、FP1のTTサーキット・アッセンは曇り、気温16℃、路面温度23℃と、比較的低温なコンディションでスタートとなった。

 なお、前戦カタルニアGPで負傷し、公式テストを欠場していたアプリリアのアレイシ・エスパルガロだが、無事FP1出走を果たしている。

 各ライダーがセッション序盤からコースインし周回を重ねていくが、開始から5分ほどの時点で、LCRホンダの中上貴晶がターン8でクラッシュ。体にダメージは無かったようで、コース外へ走って出ていった。

 また、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)もコースインしていたが、1周をこなしてピットに戻ると、そのままマシンにメカニックが張り付き、走行ができない状況が続いた。

 一通りのライダーがタイム計測を行った段階でのトップタイムはマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)。1分34秒522を記録し、そこにカル・クラッチロー(LCRホンダ)、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)らが続いた。

 中上とロッシは15分が経過した頃にコースへ復帰。同じ頃にダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)がターン14でハイサイドを起こしクラッシュ。マシンは激しく損傷したが、ペトルッチは呆然とした仕草を見せつつも、自力で歩いてコース外へと退避し、急いでピットへ戻っていった。

 セッションも半分を消化しようという頃、ビニャーレスがトップタイムを更新。1分34秒412で首位につけた。

 残り20分、ターン5でアレイシ・エスパルガロがクラッシュ。負傷した左足を気にする素振りを見せていたが、マーシャルの肩を借りると、なんとか歩いてコースを後に。ただ、彼はその後走行に復帰している。

 セッションは残り10分を切る頃、中上が1分34秒441をマークする走りで3番手に浮上。一気にタイムを縮めてみせた。

 残り6分、トップタイムのビニャーレスが更にタイムを更新。1分33秒986と、2番手のアレックス・リンス(スズキ)に0.4秒以上と差をつけた。

 そして同じ頃、ホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ)がターン7で大きなクラッシュを喫してしまった。マシンから放り出されたロレンソはグラベルを激しく転がった。ロレンソはなんとか起き上がるも、ダメージがあるようで足取りは重く、コース脇で腰を下ろしてしまった。彼は救急車両に乗り込んでコースを後にし、メディカルチェックへと向かった。

※その後ロレンソはさらなる検査のため病院へ搬送された。

 ロレンソは今戦に新たなエアロダイナミクスを備えたカウルや、カーボンで覆われたフレームなど新パーツを持ち込んでいたが、不安の残るレースウィークの始まりとなってしまった。

 セッションは残り数分となり、各ライダーがアタックを開始。まず、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)が1分34秒397で2番手に浮上。クアルタラロはそのままアタックを続けると、1分33秒909をマークしトップタイムにつけた。

 ラストアタックでは、ペトルッチが最速タイムでセクター3まで回るものの、最終的にクアルタラロのタイムを上回る事はできず、そのままFP1が終了。ルーキーのクアルタラロがセッションをトップタイムで終えた。2番手につけたのはビニャーレス(+0.077秒)。3番手はペトルッチ(+0.260秒)となった。

 5番手には日本の中上がつけた。これは6番手のマルケスを上回ってのホンダ勢トップのタイムであり、序盤に転倒を喫したものの、順調な滑り出しを見せたと言えるだろう。

【リザルト】MotoGP第8戦オランダGPフリー走行1回目

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差
1 France ファビオ クアルタラロ 22 1'33.909    
2 Spain マーベリック ビニャーレス 23 1'33.986 0.077 0.077
3 Italy ダニーロ ペトルッチ 16 1'34.169 0.260 0.183
4 Spain アレックス リンス 20 1'34.423 0.514 0.254
5 Japan 中上 貴晶 17 1'34.441 0.532 0.018
6 Spain マルク マルケス 21 1'34.522 0.613 0.081
次の記事
「目標がワンランク上がった」中上貴晶、オランダGPは“トップ6”を目指す

前の記事

「目標がワンランク上がった」中上貴晶、オランダGPは“トップ6”を目指す

次の記事

MotoGPオランダFP2:ビニャーレスがトップタイム。中上貴晶は16位と下位に沈む

MotoGPオランダFP2:ビニャーレスがトップタイム。中上貴晶は16位と下位に沈む
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第8戦オランダGP
サブイベント FP1
執筆者 永安陽介