ドーピング疑惑のイアンノーネ、再検査も陽性か。食品の汚染が原因と弁護士主張

シェア
コメント
ドーピング疑惑のイアンノーネ、再検査も陽性か。食品の汚染が原因と弁護士主張
執筆:
2020/01/11 3:30

アンドレア・イアンノーネは、ドーピング検査のBサンプル分析結果が陽性だったと判明。ただ、彼の弁護士は意図したものではなく、汚染された食品が原因だと弁護している。

 2019年12月17日、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)は第18戦マレーシアGPで採取されたイアンノーネの尿サンプルから蛋白同化ステロイドが検出されたと公表し、アンチ・ドーピング・コードに基づき、暫定的な出場資格停止処分を下した。

 イアンノーネは、自身の潔白に自信があると語っており、Bサンプルによる再検査を要求したと見られていた。

 そして現時点では、FIMからの公式な続報は出されていないものの、イアンノーネのBサンプルによる検査でも結果は陽性だったと、彼の担当弁護士は認めた。

 彼の弁護士は分析結果について、検出された違反物質が基準をわずかに上回る量だったことから、気候条件の厳しいマレーシアGPで脱水が進み、尿が濃縮されたことと関係があると主張。

 加えてアジアに滞在した期間に、汚染された食品を偶然摂取したことが原因だと擁護している。

「食品に混入していたことが考えられる。なぜならステロイドは長期的に摂取するもので、時たまのサイクルでとるものではないからだ」と、彼の弁護士は弁護している。

 今後は、現在イアンノーネに科されている暫定の制裁が維持される。そして懲戒審査によってイアンノーネに科される懲罰期間が45日以内に決定される。ただイアンノーネは、TAS(スポーツ仲裁裁判所)に訴えることができ、その場合プロセスは延長されることになる。

 科される可能性のあるペナルティ期間は、最大で4年間、最短で3カ月だ。現在30歳のイアンノーネにとって、仮に4年間のペナルティが科された場合、キャリア継続は厳しいと言わざるを得ないだろう。

 アプリリア側は今も完全な確証を待っている状態だが、2月のセパンテスト、そして3月の開幕戦カタールGPまでの猶予は少なくなりつつある。

 なお、アプリリアが後任として検討していると噂されているのが、テストライダーのブラッドリー・スミスと、ヨハン・ザルコ(アビンティア)の移籍劇で席を追われたカレル・アブラハムだ。

Read Also:

次の記事
アレックス・マルケス、レプソルカラーを纏う。目標はルーキー・オブ・ザ・イヤー!

前の記事

アレックス・マルケス、レプソルカラーを纏う。目標はルーキー・オブ・ザ・イヤー!

次の記事

MotoGP王者ストーナー、レーシングスーツを競売に。母国の森林火災被害に寄付へ

MotoGP王者ストーナー、レーシングスーツを競売に。母国の森林火災被害に寄付へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー アンドレア イアンノーネ 発売中
執筆者 Germán Garcia Casanova