「いい始まり方じゃなかった」アレックス・マルケス、カタールでの度重なる転倒でチームには謝罪

アレックス・マルケスはMotoGP2021年シーズンのテストから開幕2連戦にかけて転倒続きなことは「良いシーズンの始まり方ではない」と認めた。

「いい始まり方じゃなかった」アレックス・マルケス、カタールでの度重なる転倒でチームには謝罪
Listen to this article

 MotoGPの2021年シーズンに、レプソル・ホンダからLCRホンダへと移籍したアレックス・マルケス。彼はテストから第2戦まで転倒続きな現状が良いスタートではないと語る。

 マルケスは3月にカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットでプレシーズンテストが開始されて以来、レースを含めて転倒が続いている。

 プレシーズンテストでは、彼は計5回転倒。右足の骨に小さなヒビの入る怪我を負うなど、決して順調なスタートとは言えない状況だった。

 そして同地で新シーズン開幕を迎えても、彼の転倒は続いた。開幕戦カタールGP、そして連戦の第2戦ドーハGPでも彼は転倒リタイアに終わっており、完走もままならない状況にある。

 彼自身、この状況が「スタートの形として最高のものではない」と認め、チームに謝罪している。

「(第2戦では)良いスタートを切れたんだけど、序盤のフィーリングが良くなくて、終盤に向けタイヤをセーブしていた。(レプソル・ホンダの)ポル(エスパルガロ)と(ステファン)ブラドルの後ろへ来たときに、ミスをしてしまったんだ」

「言い訳はしようと思えばたくさんできる。だけどそれは成長する方法じゃない。これは僕の失敗だ。チームにはもう謝ってきたよ」

 マルケスはロサイル・インターナショナル・サーキットがホンダ向きのコースではなかったことを認めつつ、第3戦ポルトガルGPから始まるヨーロッパラウンドをポジティブな方向に考えているようだ。

「チームにとっては最高のシーズンの始まり方、ではなかった。テストでのクラッシュもあるしね」

「ここは歴史的にホンダが苦戦してきたコースだ。主な問題はフロントタイヤで、簡単な週末ではなかった。でも僕らは上手くやっているよ。今は改善と学びの時だし、良い時も来ると確信している。今回のことは将来に向けて僕らをより強くするだろうと思う」

 なおマルケスは開幕戦、第2戦ともにクラッシュするまで15番手周辺を走行していたが、レースペースには満足しているという。

「(カタールで)これだけ多くの日程があれば、いろいろと変わってくる。レースペースを見ると先頭と近いものだったし、20秒差をつけられるような問題はなかった」

「でも小さなミスをしてしまった。僕らは学んでいく必要がある」

 

 

シェア
コメント
MotoGPインドネシアGP、開催に暗雲? 国連特別報告者から人権問題に関する非難噴出
前の記事

MotoGPインドネシアGP、開催に暗雲? 国連特別報告者から人権問題に関する非難噴出

次の記事

ロレンソ、ドーハ16位のロッシに「ガッカリさせられた」と喝! ヘレスで復活を予想

ロレンソ、ドーハ16位のロッシに「ガッカリさせられた」と喝! ヘレスで復活を予想
コメントを読み込む