アレイシ・エスパルガロ「2015年は“ほぼ”ドゥカティ加入直前だった」

現在アプリリアからMotoGPに参戦しているアレイシ・エスパルガロだが、2015年にスズキに移籍する前、ドゥカティに移籍する直前まで話が進んでいたことを明らかにした。

アレイシ・エスパルガロ「2015年は“ほぼ”ドゥカティ加入直前だった」

 2010年にMotoGPへのフル参戦デビューを果たしたアレイシ・エスパルガロ。当初はプラマックから出場し、アスパー、フォワード・ヤマハと移籍すると、2014年には表彰台を獲得する活躍を見せた。

 その後2015年からはスズキに加入し、2017年からはアプリリアに移籍して今に至っている。

 ただエスパルガロは2015年にはスズキではなく、ドゥカティへ移籍する直前まで話が進んでいたとMotoGPのポッドキャストで明らかにした。

 彼によるとドゥカティのゼネラルマネージャーであるジジ・ダッリーニャとほぼ合意に達していたのだという。当時はスズキがアンドレア・ドヴィツィオーゾの獲得に興味を示していたため、ドヴィツィオーゾの選択にかかっていたと言える。

「結局は全てなるようになるものだ」とエスパルガロは語る。

「僕は最初、かなり特殊なキャリアを送ってきた。でもMotoGPに来てからは常に懸命に取り組むライダーであることを示してきた」

「フォワードレーシングと契約した1年後、僕はオープンクラスのバイクでランキング7位を達成した時に、スズキと契約したんだ」

「でも僕はドゥカティへ行くために、3週間前にはジジ・ダッリーニャと握手していた。殆ど全て(の交渉)は終わっていたんだけど、その時にドヴィツィオーゾが(スズキに移籍するのではなく)残留することになったんだ」

 2015年のエスパルガロはスズキのマシンでランキング11位を獲得。ポールポジションも記録している。しかし2016年はタイヤサプライヤーが変更になったことでその適応に苦戦してしまった。

 そして2017年、エスパルガロはスズキに残留することはなく、アプリリアへ移籍した。エスパルガロは当時のチームメイトであるマーベリック・ビニャーレスが、自分よりも遥かに競争力があったと回顧している。

「当時僕にはチャンピオンシップでも強力なふたつのファクトリーチームに入るチャンスがあった。そして最終的にスズキに加入したんだ」

「スズキとは良い1年目を過ごせた。そして2年目はブリヂストン からミシュランへのタイヤ変更に多くの努力が必要だった。でも言い訳にはならないね。マーベリックはレースで優勝したし、僕よりもずっと競争力があったんだ」

「トップ5やトップ6といった多くの結果を残しているから、悪い年ではなかったと思う。でもマーベリックのレベルではなかった。それが現実だ」

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGP、“ライダーひとりにマシン1台”のアイデアは却下。ドゥカティ以外が反対

前の記事

MotoGP、“ライダーひとりにマシン1台”のアイデアは却下。ドゥカティ以外が反対

次の記事

ドゥカティ“パニガーレV4 R”がレゴ化。精密キットでフラッグシップ所有はいかが?

ドゥカティ“パニガーレV4 R”がレゴ化。精密キットでフラッグシップ所有はいかが?
コメントを読み込む