MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ドイツGP
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
R
アンダルシアGP
24 7月
-
26 7月
次のセッションまで……
10 days
R
チェコGP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
23 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
30 days
R
スティリアGP
21 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
38 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
58 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
66 days
R
カタルニアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
73 days
02 10月
-
04 10月
Canceled
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
87 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
93 days
R
アラゴンGP
16 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
94 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
101 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
115 days
13 11月
-
15 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
122 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
Canceled

「ホンダのオファーを断るのは難しいはず」エスパルガロ兄、弟の移籍情報に言及

シェア
コメント
「ホンダのオファーを断るのは難しいはず」エスパルガロ兄、弟の移籍情報に言及
執筆:
2020/06/15 9:10

アレイシ・エスパルガロは弟ポル・エスパルガロのレプソル・ホンダ移籍という情報について、そういったオファーを断ることは簡単ではないと述べた。

 MotoGPに参戦するアレイシ・エスパルガロとポル・エスパルガロ兄弟は、6月初旬に移籍市場で共に動きがあった。

Read Also:

 弟のポルは2021年に現在所属するKTMから、レプソル・ホンダへと移籍するというサプライズ情報をmotorsport.comがキャッチ。その5日後には兄アレイシがアプリリアとの契約を2年間延長したことが発表された。

 アレイシは自身のMotoGPキャリアをアプリリアで終えたいと考えているが、弟がMotoGPにおけるベストチームであるホンダファクトリーに加入する姿を見ることは大きな喜びになるだろうと考えている。

「ポルとはほとんど毎日顔を会わせていて、バイクのことを除いて何でも話しているんだ。KTMでの仕事、マシンをどれほど著しく開発してきたかといったことだ」

 アレイシはスペインのテレビ局TVEのインタビューにそう答え、次のように続けた。

「僕は弟たちと表彰台を争えるようになればいいと思っているんだ。でもこれは例だけど、仮にホンダのようなチャンピオンチームのマシン、つまり世界でもベストなマシンのオファーが弟にあったなら、とても嬉しいことだ」

「レプソル・ホンダに所属する弟を目にするのは素晴らしいだろうね。彼のキャリアへの賞みたいたなものだ。弟はとても才能あるライダーだし、とても良くやってくれるだろうね」

「それからこれは心の赴く先の問題だけど、ふたつのプロジェクトは非常に興味深いものだ。HRC(ホンダ・レーシング)にイエスと答えるのはとても魅力的だろう。でもKTMのプロジェクトもまた、僕としては非常に魅力的に見える。簡単な決定ではないよ」

 motorsport.comの調べでは、ポルとホンダ間では口頭で契約が交わされているという。しかしKTMとの契約の問題によって、特定の日付までは公にはできないと見られている。

 KTMは既にポルの後任となるライダーの検討を行なっていることを認めており、レースディレクターのマイク・レイトナーも、少なくともホンダがポルの獲得を狙っている事実は認めている。

Read Also:

 ただアレイシはインタビューの中で弟の契約がまだ締結されているとは考えておらず、KTMはポルを残留させるために奮闘しているだろうとみている。

「KTMが弟の残留を望んでいてハードに取り組んでいること、弟を尊重していることを知っている。でもホンダがどの程度弟を求めているのかは分からない。ただこれは例だけど(F1でいう)フェラーリのようなチームが自分を求めてきた時、それに対して『ノー』と言うのは難しい」

「レプソル・ホンダというのはMotoGPの歴史におけるドリームチームなんだ。そしてそこへ行く選択肢があるなら、断るのは簡単じゃない」

 また彼は仮に弟がレプソル・ホンダ入りした場合、王者マルク・マルケスと同じマシンで争うことになるため、“真の挑戦”になるだろうと語った。

「とても、とても大変なチャレンジだ。多くの人はホンダのバイクは難しいと言うけど、あのバイクはチャンピオンマシンで、毎年のように勝っているんだ」

「マルクが“エイリアン”なのも、歴史上でも最高のライダーなのは確かだ。だけど僕の家のガレージにあるスクーターじゃ世界選手権で優勝できないということも確かだろう」

「これは大変な挑戦だけど、ドリームチームに入るということでもある。子供の頃、ポルと僕は(ミック)ドゥーハン、(アレックス)クリビーレそしてダニ・ペドロサがこのマシンで勝つのを見て育ってきた。僕らの世代のどのライダーも、この選択肢を示されたらこの世のものとは思えないシビレに見舞われるだろうね」

 

Read Also:

次の記事
「ドゥカティをタイトルに導く準備はOK」来季昇格のミラーが自信見せる

前の記事

「ドゥカティをタイトルに導く準備はOK」来季昇格のミラーが自信見せる

次の記事

ホンダとドゥカティはMotoGP界の“夢のマシン”。エスパルガロ弟がべた褒め

ホンダとドゥカティはMotoGP界の“夢のマシン”。エスパルガロ弟がべた褒め
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー アレイシ エスパルガロ , ポル エスパルガロ
執筆者 Germán Garcia Casanova