MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

「5回の表彰台……夢みたいだ!」エスパルガロ弟、KTM4年目の躍進を誇る

ポル・エスパルガロはバレンシアGPでの3位を含む計5回の表彰台を獲得しているが、今季の結果は「夢のようだ」と、その気持を明かした。

「5回の表彰台……夢みたいだ!」エスパルガロ弟、KTM4年目の躍進を誇る

 スペインのリカルド・トルモ・サーキットで行なわれたMotoGP第14戦バレンシアGPで、KTMのポル・エスパルガロは3位に入賞。今季5度目の表彰台を獲得した。

Related videos:

 エスパルガロはレース中盤、中上貴晶(LCRホンダ)の追撃を受けていた。19周目の最終コーナーでは中上がオーバーテイクを仕掛け、エスパルガロは3番手から後退してしまうかと思われた。しかし次の瞬間には中上が転倒。エスパルガロは衝突を避けて3番手をキープし、表彰台を獲得することができた。

 エスパルガロはアクシデントを免れたことは「幸運だった」とコメント。ただこの影響でタイムを失ってしまったとも認めた。

「ああ、あれは本当に近くて危なかった」

 中上がクラッシュした瞬間、何を考えていたか訊かれたエスパルガロはそう語った。

「レースを通じて僕は前のふたり(フランコ・モルビデリとミラー)に追いついていたし、最終コーナーではかなりリスクを冒していた。あそこはコース上でも僕が強い部分だったんだ」

「タカがイン側からオーバーテイクを仕掛けてきた時には、『いいぜ、何ができるか見せてみろ』と思っていた」

「そしてインに入ってきた彼は、コーナー脱出で僕に抜かれないラインをキープしようとしていた。でも、彼はクラッシュしてしまった」

「問題はその少し後だった。僕はその周で1秒を失ってしまったんだ。あのアクシデントは確かに信じられないほどラッキーだったと感じていて、その後のラップではさらに0.5秒を失ってしまった。少し神経質になっていたせいだ」

 KTMへ2017年に加入したエスパルガロ。彼はそれ以来RC16の開発に携わってきたが、今季は大きく躍進。チームメイトのブラッド・ビンダーとテック3・KTMのミゲル・オリベイラの手によって優勝も遂げられるほどのポテンシャルを持つマシンへと成長した。

 エスパルガロはKTMのプロジェクトに参加してから、わずか4年でRC16が表彰台常連のマシンとなったことは「信じられない」と語っている。

「9レースで5回の表彰台を獲得するだなんて、これは信じられないことだよ」と、エスパルガロは言う。

「(2017年から)4年間、本当にこうしたことを夢見て懸命に取り組んできた。この結果はまるで夢みたいだ」

「特に誰もがマシンを最大限活用でき、限界までプッシュできるようになる同一サーキットの連戦でも結果が出せたのは、とても誇らしい」

「連戦でこうした結果を得るというのは、本当に重大なことだ。これは僕らが良いパッケージを手にしているということ、それを上手く機能させることができたということを意味しているんだ」

「僕らが成し遂げたことを本当に、本当に嬉しく思うよ」

「チャンピオンシップでも良い位置(7番手)につけているし、トップからもそう遠くない。(8番手の)ジャック(ミラー)とはそこまで差がないから、また戦わないといけないね。でも自分たちにできていることを本当に誇らしく思うよ。本当に幸せだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
「リンスがプッシュすれば僕も限界まで攻める」ミル、初戴冠の裏に同僚へのライバル意識

前の記事

「リンスがプッシュすれば僕も限界まで攻める」ミル、初戴冠の裏に同僚へのライバル意識

次の記事

「誰より賢く、一貫性があった」マルケス弟、新王者の強さ語る。来季は兄復活で混戦覚悟

「誰より賢く、一貫性があった」マルケス弟、新王者の強さ語る。来季は兄復活で混戦覚悟
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント バレンシアGP
ドライバー ポル エスパルガロ
チーム KTM
執筆者 Lewis Duncan