エスパルガロ弟、ホンダ適応に向け今は“忍耐”の時か。開幕3戦終え8位がベストも「速さはある」と自信

ポル・エスパルガロは、ホンダ移籍初年度の今季はまだ適応を続けている状態のため“辛抱強く”ある必要があるものの、失ったスピードは遠からず取り戻せると確信している。

エスパルガロ弟、ホンダ適応に向け今は“忍耐”の時か。開幕3戦終え8位がベストも「速さはある」と自信

 2021年シーズンにレプソル・ホンダへ移籍したポル・エスパルガロ。彼はまだホンダのバイクへ適応する途上にあるが、遠からず速さを取り戻せると考えている。

 エスパルガロはKTMからホンダへ加入。今季のプレシーズンテストは単一サーキットでの5日間のテストに限られており、エスパルガロら移籍組にとっては厳しい状況のなかでシーズンが開始した。

 開幕戦から第3戦ポルトガルGPにかけて、エスパルガロは予選では苦戦しているもののレースペース面では良いものを示してきた。ただ転倒やトラブルによるリタイアもあり、結果は開幕戦の8位が自己ベストとなっている。

 彼は今抱えている最も大きな課題が、RC213Vのフロントエンドの限界を理解することだと認める。その点が障壁となっており予選での結果に結びつけることができていないのだという。

 ただいずれにせよ、エスパルガロはこうした問題が経験不足からくるモノだと予想しており、改善は今後進んでいくだろうという見解を示した。

「KTMもだけど、この種のバイクはブレーキングや素早いコーナー進入、マシンの減速、コーナリングでタイムを稼いでいく。だからブレーキを強力にする必要があるけど、どこでブレーキをかけるのか分からないと、それは問題になる」

 エスパルガロはそう語る。

「それからマシンのフロント側の限界が正確にどのあたりにあるのかを把握できていないと、そこも問題になる。グリップのベストなところを使えないからだ。ただ現時点だと他の領域は大丈夫だと思う」

「ポルティマオの第1セクターで僕は、予選セッションで最速をマークしていた。だから速くなっていけると思う」

「でも全部のセクターで匹敵できているわけではない。ブレーキングはタイムを稼いでいる部分だけど、何度もワイドになったりミスをしすぎたりしていたからだ」

「そこが問題なんだ。十分に速さが無く、全てをまとめ上げることができないと、今のタイトな予選ではコンマ1、2秒でグリッドを4つも5つも落としてしまうんだ」

「周回を重ねて、状況をより良く理解しながら、ブレーキングポイントを自分の思い通りの位置に近付けていきたい。そうすれば、特に1周のアタックの時に全てのセクターでタイムをまとめることも簡単になる」

「僕らには速さがあるから、辛抱強くやっていけばその時は必ず来る。僕は物事をまとめ上げていくことが必要なんだ」

 なおレプソル・ホンダは第3戦でマルク・マルケスが9ヵ月ぶりにレースへ復帰。エスパルガロはホンダでの適応を進めていく上で、マルク・マルケスの復帰は重要な点だと認めている。

 RC213Vを最も乗りこなしているマルク・マルケスの復帰はホンダ陣営のライダーから歓迎されており、弟のアレックス・マルケス(LCRホンダ)は、兄の手で既にマシンの限界が示されていると指摘している。

「サーキットに居るのに、家に居るみたいだよ」

 兄の戻ってきた状況について訊かれたアレックス・マルケスは、そう答えた。

「ホンダにとって、彼が戻ってくるのは良いことだよ」

「兄はバイクを限界に追い込んでいて、またマシンの限界を示している。だからそこは僕たちにとっても良いことなんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGPスペインFP1:KTM復活の狼煙か? ビンダーが首位。マルク・マルケス3番手と好調

前の記事

MotoGPスペインFP1:KTM復活の狼煙か? ビンダーが首位。マルク・マルケス3番手と好調

次の記事

Moto2スペイン初日:ロウズ、4連続PPに向け首位発進。小椋21番手、代役参戦の羽田大河は31番手

Moto2スペイン初日:ロウズ、4連続PPに向け首位発進。小椋21番手、代役参戦の羽田大河は31番手
コメントを読み込む