MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

来季ホンダ入りのエスパルガロ弟「KTMが“本当のMotoGPライダー”にしてくれた」

ポル・エスパルガロはKTMに加入したことで“本当のMotoGPライダー”になることができ、KTMでの4年間が無ければホンダ加入はあり得なかったと語った。

来季ホンダ入りのエスパルガロ弟「KTMが“本当のMotoGPライダー”にしてくれた」

 MotoGPの最高峰クラスに2017年から参戦を開始したKTM。彼らは毎年戦闘力を上げ、2020年シーズンには優勝を手にするに至った。

 KTMが最高峰クラスに参戦して以来同チームに参加しているポル・エスパルガロはRC16の開発を引っ張り、今季はポールポジションを2度獲得、表彰台5回と素晴らしい結果を残した。

 そのポル・エスパルガロは来季レプソル・ホンダへと移籍し、近年のMotoGPを支配してきたマルク・マルケスのチームメイトとなることが決まっている。そのため今週末行なわれるポルトガルGPが、彼にとってひとまずKTMでの最後のレース。ポル・エスパルガロは、KTMが“本物のMotoGPライダー”になる方法を教えてくれたと、motorsport.comに語った。

 強豪チームとして名を馳せるレプソル・ホンダへの加入……そこへのKTMでの経験の影響を訊くと、彼は「間違いなく、KTMでの経験は(ホンダ加入に)不可欠な要素だった」と答えた。

「今僕は、ライディングの面でも精神的な面でも、これまでにないレベルに到達し、成熟している」

「争って“負ける”ことができるんだ。敗者のようだと感じるんじゃなくてね。どう説明すべきか分からないんだけど……KTMで僕はMotoGPの世界で子供から1人の男に成長できたと感じているんだ」

「バイクで使える多くのツールを見つけたんだ。だから例えばだけど、最初のMotoGPマシンから(直接)ホンダへ移ったとしたら、僕は適応するのは不可能だっただろうね。なぜなら僕が今使っているものはKTMで見つけたもので、それらが僕を形作っているからだ。僕は彼らと共にこのバイクを作ってきて、バイクのどの部分も重要であること、バイクにどう手を入れるか、どう電子制御をセッティングする必要があるのかを知ったんだ」

「実際、彼らが僕にライダーになる方法を教えてくれたと言える。以前の僕はライダーではなかった。“バイクに乗るヤツ”ではあったけど、本当のMotoGPライダーではなかったんだ」

「KTMはそうなる方法を僕に教えてくれた。そして、この知識が無ければ僕は世界最速のライダー達に対峙するのは不可能だったろう。大違いだ」

 なおポル・エスパルガロは最終戦を前にしてランキング7番手。しかし4番手のマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)までのポイント差はわずか”5点”となっており、最終戦で一気にランキングを上げることも可能な位置につけている。

 

Read Also:

シェア
コメント
クアルタラロ「バイクより“自分の改善”が必要」来季に繋がる好レースできるか?

前の記事

クアルタラロ「バイクより“自分の改善”が必要」来季に繋がる好レースできるか?

次の記事

MotoGPポルトガルFP1:母国戦のオリベイラ、初開催アルガルヴェで首位発進

MotoGPポルトガルFP1:母国戦のオリベイラ、初開催アルガルヴェで首位発進
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント ポルトガルGP
ドライバー ポル エスパルガロ
チーム KTM
執筆者 Lewis Duncan