「復帰は良いニュース」ドルナCEO、ロレンソのワイルドカード参戦を歓迎

ドルナ・スポーツCEOのカルメロ・エスペレータは、昨年MotoGPを引退したホルヘ・ロレンソがワイルドカード参戦することを歓迎する姿勢を示した。

「復帰は良いニュース」ドルナCEO、ロレンソのワイルドカード参戦を歓迎

 3月5日、ヤマハでテストライダーを務めるホルヘ・ロレンソが、カタルニアGPにワイルドカード参戦することが発表された。

 ロレンソは昨年レプソル・ホンダへ加入したものの、マシンへの適応と怪我に苦しんだ。そしてロレンソはホンダとの2年契約を早期に破棄し、2019年をもって現役を引退。2020年からは古巣のヤマハへ戻り、テストライダーとなった。

 2月に行われたセパンテストでは、ロレンソは久しぶりにYZR-M1に乗り、そのフィーリングが変わっていないと笑顔をみせていた。

 相性抜群と思われるヤマハに戻ったこともあり、ロレンソにはワイルドカード参戦するのではないかという噂が常につきまとっていたが、それが現実のものとなった格好だ。

 MotoGPのプロモーターであるドルナ・スポーツでCEOを務めるカルメロ・エスペレータは、ロレンソがMotoGPの舞台に戻ってくることは良いことだという認識を示した。

「ロレンソの復帰はとても良いニュースだ。彼が上手くやることを願っている」

 エスペレータCEOはカタールGPの会見でそう語った。

「昨年私は彼に別れを告げたが、また挨拶することになっても気にしないよ。とても嬉しく思っているんだ」

 新型コロナウイルスの影響でMotoGPもスケジュール変更が発生しているが、カタルニアGPは当初の日程と変わらず6月7日に決勝が行われる予定だ。

 

Read Also:

シェア
コメント
収まらないコロナの影響。MotoGP、レース開催のためなら無観客試合も選択肢に

前の記事

収まらないコロナの影響。MotoGP、レース開催のためなら無観客試合も選択肢に

次の記事

MotoGPコラム:軽中量クラスが開幕迎える。最高峰目指す若手の走りにご注目

MotoGPコラム:軽中量クラスが開幕迎える。最高峰目指す若手の走りにご注目
コメントを読み込む