ロレンソ「ドゥカティのアドバンテージはF1のメルセデスのようだ!」

ヤマハのホルヘ・ロレンソは、ドゥカティがレッドブルリンクで持っているアドバンテージは、F1におけるメルセデスに匹敵すると語る。

 ヤマハのホルヘ・ロレンソは、初日のフリー走行2回目を8番手で終えた。これはトップタイムを記録したドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾから1.3秒も遅れたものであり、これほどの差はこれまで見たことはないと言う。

 ロレンソはこのようなドゥカティのアドバンテージに驚いているものの、レース距離を走れば、その差を埋めることができると期待している。

「ドゥカティがここで見せているようなアドバンテージは、これまでMotoGPでは見たことがないよ」とロレンソ。

「F1でのメルセデスか、数年前のレッドブルのようだね」

「ドゥカティが勝てるサーキットがあるとすれば、それはここだろう。ホンダやヤマハのマシンにとって良いコースではないね」

「しかし、僕らは少し待ってみる必要があるだろう。彼らがタイヤのグリップを失うことなく、このペースを保つことができるかどうかを見守らなければならない」

「ドゥカティがレース全体を通じてそのペースを維持することができた場合、彼らを倒すことは不可能になるだろう。でも、タイヤの右側のデグラデーションは非常に厳しい。これは、日曜日に重要になるだろう」

ドヴィツィオーゾ「アドバンテージは人々が言うより小さい」

 FP2でトップタイムを記録したドヴィツィオーゾは、ドゥカティのアドバンテージが続くことはないかもしれないと考えている。そして、特にタイヤの寿命について疑問を持っている。

「確かに良い差だね。でも、僕はみんなが考えるほど大きいとは思っていないよ」とドヴィツィオーゾは語る。

「僕は、実際にはもう少し小さいと思う」

「いつも前方を走っているライダーたちは、もっと近付いてくると思う。例えばマルク(マルケス)だ。彼はここでテストをしていない。彼は改善するための大きなマージンを持っている」

「確かに、このような状態にあることは本当に良いことだが、100%満足しているわけじゃない。僕らは本当の意味でリラックスするために、そしてレースをマネジメントするために、28周のレースペースを改善させなければならない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 オーストリアGP
サーキット レッドブルリンク
ドライバー アンドレア ドヴィツィオーゾ , ホルヘ ロレンソ
チーム Ducati Team
記事タイプ 速報ニュース