クアルタラロ、メルセデスF1テストドライブを目指す「もちろん走ってみたいよね!」

2021年のMotoGPワールドチャンピオンであるファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)は、メルセデスのF1マシンをテストすることを目指しているものの、それはまだ確定していないと語った。

クアルタラロ、メルセデスF1テストドライブを目指す「もちろん走ってみたいよね!」
Listen to this article

 ヤマハのMotoGPライダーであるファビオ・クアルタラロは、メルセデスのF1マシンをテストドライブすることを目指しているが、まだ話が確定したわけではないようだ。

 クアルタラロはMotoGPの夏休み期間中に行なわれたF1フランスGPを訪問。メルセデスの動きを間近で目撃した。

 その週末、クアルタラロが今年後半にメルセデスのマシンをテストする予定であると報告されたが、その計画はまだ確定したわけではないと、クアルタラロは明かす。

 また今週初めにクアルタラロは、ルイス・ハミルトンと1日を共に過ごし、ウインドサーフィンなどを楽しんだ。この時の様子は、クアルタラロのSNSにも投稿されている。ただこの時はレースについての話はしなかったという。

 クアルタラロはMotoGP後半戦の初戦であるイギリスGPを前に、F1テストについて次のように語った。

「メルセデスについては、僕が目指しているモノであり、まだ計画が確定したモノではない」

「でももちろん、試してみたいよね」

「シミュレータに行ったり、コクピットに座ったりしたことはあるよ。でも、テストするチャンスは一度もなかった」

「またルイスと本当に良い1日を共に過ごしたんだけど、レースの話はしなかった。サーフィンやジェットスキーを楽しんだだけなんだ。良い1日だった」

 クアルタラロは昨年のイギリスGP前には、ブラックリーにあるメルセデスのファクトリーを訪れ、シミュレータを試した。その経験は彼にとっては素晴らしいものであったようで、いつか本物のマシンに乗りたいと語っていた。

 これまでにもメルセデスは、MotoGPライダーをF1マシンに乗せてきた。2019年には、バレンティーノ・ロッシを2017年のマシンW08で走らせ、また2016年にはホルヘ・ロレンソを2014年のマシンW05に乗せている。

 
Read Also:

シェア
コメント
未だ発表されないレッドブルとポルシェの提携。発表が遅れている背景には一体何があるのか?
前の記事

未だ発表されないレッドブルとポルシェの提携。発表が遅れている背景には一体何があるのか?

次の記事

”ベッテル引退”で加速した、2023年へ向けたF1ストーブリーグ。現在の各チーム契約状況をおさらい

”ベッテル引退”で加速した、2023年へ向けたF1ストーブリーグ。現在の各チーム契約状況をおさらい