MotoGP
R
ドイツGP
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
イベントは終了しました
24 7月
-
26 7月
イベントは終了しました
R
チェコGP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
1 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
8 days
R
スティリアGP
21 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
36 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
44 days
R
カタルニアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
51 days
R
タイGP
02 10月
-
04 10月
Canceled
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
65 days
R
日本GP
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
71 days
R
アラゴンGP
16 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
72 days
R
テルエルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
79 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
93 days
13 11月
-
15 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
100 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
Canceled

レプソル・ホンダ、2020年型マシンカラーを公開。マルケス兄弟が揃って登壇

シェア
コメント
レプソル・ホンダ、2020年型マシンカラーを公開。マルケス兄弟が揃って登壇
執筆:
2020/02/04 11:10

インドネシアの首都ジャカルタでMotoGPのレプソル・ホンダはチームローンチイベントを行ない、マルク・マルケスとアレックス・マルケスが、チームカラーを纏った姿と、2020年のマシンカラーリングを披露した。

 MotoGPに参戦するレプソル・ホンダは、インドネシアの首都ジャカルタで2020年のチームローンチイベントを実施。ライダーのマルク・マルケスとアレックス・マルケスが、レプソル・ホンダのレーシングスーツに身を包んで登壇し、マシンカラーリングもお披露目となった。

 2020年シーズンのレプソル・ホンダは、昨年限りで引退したホルヘ・ロレンソの後任として、2019年のMoto2チャンピオンであるアレックスを起用。兄であるマルクと兄弟チームを結成することになった。

「とてもワクワクしているし、チーム発表会に出られて本当に嬉しい」と、アレックスは言う。

「Moto2クラスから昇格して、レプソル・ホンダチームに入ることは、僕にとって誇りに思えることだ。ベストを尽くすよ」

 アレックスは、2月2日からマレーシアのセパン・サーキットで行われているシェイクダウンテストに参加中。ルーキーとしてMotoGPマシンへの適応を進めようとしている。

 兄のマルクは、昨年12月に亜脱臼を負っていた右肩の状態が悪化することを防ぐ目的で手術を受けていた。そのため1月下旬にようやくバイクに乗ったという状況であり、2月7日から行なわれるセパンテストでは、身体は60〜70%ほどの状態だろうと語っていた。

「もちろん2020年シーズンもこれまでのシーズンのように厳しい戦いになるだろう」

 マルクはそう語る。

「ライバル達は改善して、僕らを倒そうとしてくるだろう。でも僕たちもまた世界チャンピオンを争えるように、HRCのスタッフと一丸になってハードに取り組んでいく」

「それが(2020年の)目標だ。2019年シーズンはとても良い形だった。タイトルを最後のレースまで争えるよう、2020年に向けて僕らも改善していくつもりだ」

Read Also:

ヤマハのロレンソ、走行は3日目に。MotoGPシェイクダウン2日目はペドロサ首位

前の記事

ヤマハのロレンソ、走行は3日目に。MotoGPシェイクダウン2日目はペドロサ首位

次の記事

ロレンソ、4年ぶりヤマハで“去年の"自分に迫るタイム。MotoGPシェイクダウン3日目終わる

ロレンソ、4年ぶりヤマハで“去年の"自分に迫るタイム。MotoGPシェイクダウン3日目終わる
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
執筆者 Valentin Khorounzhiy