ラウル・フェルナンデス「Moto2行きはオファーがあっても考えるつもりはない」

トラックハウスのラウル・フェルナンデスは2025年シーズンに向けた”就活”について言及し、もしオファーがあってもMotoGPからMoto2クラスには戻らないと語った。

Raul Fernandez, Trackhouse Racing Team

Raul Fernandez, Trackhouse Racing Team

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 ここ最近のMotoGPでは、2025年シーズンに向けて続々と各チームのライダーラインアップが決まっている。トラックハウス・レーシングのラウル・フェルナンデスはまだ来季が未定となっているが、Moto2クラスへの出戻りなどは拒否する姿勢を示している。

 フェルナンデスは2021年にMoto2でランキング2位となり、2022年に最高峰クラスへと昇格。しかしそれ以来、期待に応えられるような結果は残せていない。

 ただ今シーズンのカタルニアGPでフェルナンデスはスプリントレースで一時トップを快走し、さらに決勝では6位と久々の上位フィニッシュを果たす活躍を見せた。

 そしてMotoGPクラスのライダー市場はここにきてかなり大きく動いている。マルク・マルケスがドゥカティ昇格を決めたことで、各チームのシートが急速に決まりだしたのだ。

 一方で、アプリリア陣営はマーベリック・ビニャーレスが離脱し、後任にはマルコ・ベッツェッキが入った。一方サテライトのトラックハウスに2つの未定のシートがある。フェルナンデスとしては、残留の選択肢が増えたということになるだろう。

「僕は自分のやりたいことはわかっている。ここにとどまりたいんだ」

 カタルニアGPの際、フェルナンデスはそう語った。

Raul Fernandez, Trackhouse Racing Team

Raul Fernandez, Trackhouse Racing Team

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

「その件については、話す時じゃないと思っている。僕は2~3レースはあと待たないといけないと思っているけど、すべて順調に進んでいると言えるよ」

 そして、フェルナンデスはもしオファーがあった場合でも、Moto2クラスへの出戻りは拒否すると語った。

「いや、僕はそうしたいとは思わない。そうする(Moto2を検討する)前に、優先事項がいくつかあるんだ」

 歴史的には最高峰クラス以外でも成功し、歴史に名を馳せたライダーもいたが、今ではそんな時代は過ぎ去ってしまったのも、Moto2クラスへ戻りたがらないライダーが多い理由かもしれない。

 また歴史を振り返ってみると、最高峰クラスからMoto2へと戻って、再びMotoGPクラスへ戻る道を見つけたライダーはほとんどいない。数少ない例はトニ・エリアスだろう。彼は2010年にMotoGPからMoto2へ戻ると、その年にタイトルを獲得。2011年にMotoGPクラスへ復帰した。

 そして成功した例としては、アレイシ・エスパルガロがいる。彼は2011年にMoto2へ戻っていたが、2012年にMotoGPクラスへ復帰。2015年にスズキファクトリーへ加入し、今はアプリリアを成功の道へ導き、3勝をマークしている。

 

前の記事 ヨハン・ザルコのプロ精神、LCRチェッキネロ代表が称賛。ストイックさは”アーティスト”レベル
次の記事 マルク・マルケス「今のMotoGPは長期キャリアが難しい」なお当人は来年13年目に突入

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本