MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

日本人だけで十分? ヤマハ、テストライダーのフォルガー起用を中止

シェア
コメント
日本人だけで十分? ヤマハ、テストライダーのフォルガー起用を中止
執筆:
2019/11/09 3:12

ヤマハでテストライダーを努めていたジョナス・フォルガーは、チームとの離別を発表。今後の選択肢は未定ということだ。

 ヤマハは、テストライダーであるジョナス・フォルガーと、来季の契約を結ばないことを決めたようだ。

 フォルガーは2017年にテック3・ヤマハからMotoGPへ昇格したものの、疾病により2018年シーズンの参戦を取り止め、2019年からはヤマハのヨーロッパを拠点とするテストチームに加入。テストライダーの任を努めていた。

Read Also:

 2020年シーズンに向けて、フォルガーは口頭ではテストライダーとして契約延長することに合意していたと話していた。しかし事態はそこから一転し、ヤマハから来季の契約を結ばない旨を告げられたという。

「この悪いニュースには驚かされたよ」と、フォルガーは自身の公式サイトに記している。

「ヤマハは僕とこのプロジェクトを拡大し、続けたいと口頭では合意していたんだ」

「僕らは既にテストプランや他の仕事について話していた。でもその後、突然拒絶された。すぐに契約を受け取れると約束されていたんだけどね」

「でも、ヤマハのテストプログラムは再び日本人ライダーのみによって実施されることが決定され、僕はもう長いことバイクに乗っていない。もちろんこの決定にはガッカリしているよ。僕は完全にこのプロジェクトに集中していたし、来季に向けて他の選択肢は全て断っていたんだからね」

 フォルガーはMoto2、スーパーバイク世界選手権(WSBK)に参戦するチームからオファーを受け取っていたものの、ヤマハとの契約延長のためそれらを断っていたという。新たに契約を結べるチームを探そうとしても、既にMoto2、WSBK共に多くのチームがライダーと契約済みであることを考えると、彼の来季は厳しい情勢と言えるだろう。

「テストライダーというのはとても興味深いチャレンジで、僕がとても満足できる仕事だったんだ」

「テストライダーとしての役割を負って、僕はこれまでに多くのことを学んだ。でも現時点では、僕のキャリアをどうやったら継続できるのか、僕にも分からない。シーズンも終わりの段階で、あまり多くの選択肢は無いんだ」

Read Also:

次の記事
レイニーが鈴鹿に帰ってくる! サウンド・オブ・エンジンで26年ぶりに走行

前の記事

レイニーが鈴鹿に帰ってくる! サウンド・オブ・エンジンで26年ぶりに走行

次の記事

コーナリングのヤマハ復活? ドヴィツィオーゾも驚く“非力なバイク”で予選最速

コーナリングのヤマハ復活? ドヴィツィオーゾも驚く“非力なバイク”で予選最速
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ジョナス フォルガー
チーム Yamaha Factory Racing
執筆者 Rachit Thukral