MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

フランスGP初日9番手発進の中上貴晶「トップ10にいる事が重要」

シェア
コメント
フランスGP初日9番手発進の中上貴晶「トップ10にいる事が重要」
2019/05/18 3:07

第5戦フランスGPの初日を9番手で終えた中上貴晶。しかし、ソフトとミディアムどちらのタイヤでもグリップに苦戦していると語った。

 MotoGP第5戦フランスGPの初日フリー走行で、総合9番手につけたLCRホンダの中上貴晶。FP1では15番手と沈んでいたが、FP2は9番手。予選日のコンディションを考慮してトップ10を狙ったと語っている。

「予報では明日(土曜日)の天気が悪くなりそうなので、初日トップ10以内に入ることに集中しました。今大会、ミシュランが用意したタイヤは昨年と同じで、路面も変わっていません」と、中上はプレスリリースにコメントを寄せている。

 その言葉通り、予選Q2ダイレクト進出圏内に入れてきた中上だが、タイヤからグリップを引き出すことに苦戦していたという。

「そこで、FP1は前後ミディアムで走りましたが、午後はリヤにソフトを入れてアタックしました。なんとか9番手に入れましたが、今日はソフトもミディアムもエッジグリップが薄く、うまく旋回に繋げられませんでした」

「特に、4コーナーと5コーナーでスピードを上げられず苦戦しました。今日はトップタイムを出したマーベリック(ビニャーレス/ヤマハ)の後ろで何ラップかしましたが、データ通り、4コーナーと5コーナーで離されてしまうので、明日もしドライになったら、その部分をしっかり改善したいです」

 天候の変化も予想される土曜以降のコンディションだが、中上はミスなく走りたいとコメントしている。

「いずれにしても、明日、明後日と不安定な天候になりそうなので、今日トップ10にいることはとても重要なことでした。どんな天候になっても、明日、明後日と、ミスのないように走りたいです」

次の記事
MotoGPフランスGP初日:ビニャーレス総合トップ、クアルタラロ3番手と好調続く

前の記事

MotoGPフランスGP初日:ビニャーレス総合トップ、クアルタラロ3番手と好調続く

次の記事

ドゥカティの道は辿らない! KTM、トラスフレームでのタイトル獲得を諦めず

ドゥカティの道は辿らない! KTM、トラスフレームでのタイトル獲得を諦めず
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第5戦フランスGP
サブイベント FP2
ドライバー 中上 貴晶
チーム Team LCR