レミー・ガードナー、2022年にテック3からMotoGP昇格が決定。親子2代王者は実現なるか

MotoGPに参戦するKTMは、2022年シーズンにレミー・ガードナーをテック3からMotoGPクラスへと参戦させることを発表した。

レミー・ガードナー、2022年にテック3からMotoGP昇格が決定。親子2代王者は実現なるか

 6月2日、MotoGPに参戦するKTMは、2022年シーズンのライダーに関する発表を実施。現在Moto2に参戦中のレミー・ガードナーを昇格させ、サテライトチームのテック3から最高峰クラスにデビューさせることを明らかにした。

 レミー・ガードナーは、WGP500ccクラスで1987年の王者に輝いたワイン・ガードナーの息子。彼は2015年から世界選手権フル参戦を開始し、2020年シーズンにはMoto2クラスで初優勝を挙げた。

 昨年秋、レミー・ガードナーはKTMと契約を結んでチームを移籍。Red Bull KTM Ajoへと加入し、今シーズンは既に1勝を含む表彰台5回を獲得する好調ぶりを発揮し、6戦を終えてランキングトップに立っている。

 今回の最高峰クラス昇格決定により、レミー・ガードナーはMoto2クラスでのタイトル争いに集中することが可能となるだろう。なお彼は2017〜2018年にかけてはMoto2のテック3に所属しており、MotoGPで再びチームに加入することになった。 

 レミー・ガードナーは今回のMotoGP昇格発表にあたり、次のようにコメントしている。

「KTMがこのチャンスを与えてくれて、本当に嬉しく思っている。これで僕の夢が叶い、そして僕らはこのためにこれまで取り組んできた」

「僕にとっては信じられないようなチャンスで、バイクに乗るのが待ちきれない」

「僕を信頼してくれたKTMに感謝したい。今僕らは、2021年シーズンを強力な形で終えることに集中する必要がある。それからMotoGPへと近づくために僕をサポートしてくれた全ての人に感謝したい。まだ始まったばかりだ」

 一方で、レミー・ガードナーの昇格決定により、現在テック3に所属するイケル・レクオナかダニーロ・ペトルッチの少なくともどちらかが、今季限りでシートを失うことを意味している。

 またKTMは、先日ブラッド・ビンダーとの契約延長を発表したため、陣営内の空きシートを残りふたつということになった。

 

Read Also:

シェア
コメント
4戦連続……続く転倒ノーポイントの連鎖にアレックス・リンス心配「何かをしなくちゃ」
前の記事

4戦連続……続く転倒ノーポイントの連鎖にアレックス・リンス心配「何かをしなくちゃ」

次の記事

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:初体験のムジェロで6位は「悪くないけど……良くもない」更に上目指す小椋の“贅沢”な悩み

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:初体験のムジェロで6位は「悪くないけど……良くもない」更に上目指す小椋の“贅沢”な悩み
コメントを読み込む