アレックス・マルケス、2023年のグレシーニ加入が発表。ディ・ジャンアントニオとコンビ

MotoGPに参戦するグレシーニ・レーシングは、2023年シーズンのライダーラインアップを発表。エネア・バスティアニーニが離脱し、アレックス・マルケスが後任として起用された。

アレックス・マルケス、2023年のグレシーニ加入が発表。ディ・ジャンアントニオとコンビ
Listen to this article

 MotoGPに参戦中のグレシーニ・レーシングは、6月26日に2023年シーズンのライダーラインアップを発表した。

 グレシーニは今回の発表で、エネア・バスティアニーニの後任としてアレックス・マルケスを起用すると発表。継続起用の決まったファビオ・ディ・ジャンアントニオとコンビを組むことになった。

 マルケスは2019年にMoto2クラスでチャンピオンに輝くと、2020年にホルヘ・ロレンソの後任としてレプソル・ホンダから最高峰クラスデビュー。翌2021年からはLCRホンダに移った。今年は契約の節目の年となっていたが、苦戦が続いており、LCRホンダとの契約継続は厳しいと見られていた。

 彼の来シーズンの契約に関しては、グレシーニ加入という見方が強かった。2022年に既に3勝を挙げているバスティアニーニが、プラマックかドゥカティファクトリーチームへ昇格すると見られていたからだ。

 そして今回、その予測どおりマルケスのグレシーニ加入が決定。2023年は初めてドゥカティのデスモセディチGPを走らせることになった。

 なおLCRホンダのシートに関しては、マルケスの後任として現スズキのアレックス・リンスがファクトリー待遇で加入する可能性が高いと見られている。一方で、グレシーニ離脱が明らかになったバスティアニーニだが、彼がプラマックかドゥカティファクトリーのどちらに加入するかはまだ明らかとなっていない。

 移籍発表に際し、マルケスは次のようにコメントを寄せた。

「グレシーニへの移籍を発表できて、とても嬉しく思っている。そしてこの新しい冒険を楽しみにしている」

「このカテゴリーにたどり着いたときのモチベーションを取り戻すということ、その変化が僕には必要不可欠だった。そしてベストな選択肢が、この世界選手権で歴史を創ってきた、このチームだった」

「ナディア(パドヴァーニ/チームオーナー)、カルロ(マルリーニ/ディレクター)、そして僕を信じてくれたチーム全員に感謝したい。残るシーズン半分で全力を尽くして、最高のモチベーションで2023年を始めたい」

 
Read Also:

シェア
コメント
エスパルガロ「なんとしてもクアルタラロを止めたい」レース序盤に逃げられたらオシマイと警戒
前の記事

エスパルガロ「なんとしてもクアルタラロを止めたい」レース序盤に逃げられたらオシマイと警戒

次の記事

予選3番手マルティン、優勝争いは厳しいと認める「好結果を狙って、良い感じのまま休みに入りたい」

予選3番手マルティン、優勝争いは厳しいと認める「好結果を狙って、良い感じのまま休みに入りたい」