マルケスのドゥカティ入り、来季フェラーリ移籍のハミルトンが「凄い。来年が待ちきれない」と称賛

F1で7度王者に輝いているルイス・ハミルトンは、MotoGPでマルク・マルケスがドゥカティへ移籍することを決めた判断に理解を示していて、赤いドゥカティのマシンで走る姿を見るのが待ちきれないと語った。

Marc Marquez, Gresini Racing

 バイクファンとして知られているF1ドライバーのルイス・ハミルトンは、MotoGPでマルク・マルケスがドゥカティ陣営へと移籍して復活を目指した判断に理解を示し、さらなる活躍を期待している。

 マルケスはMotoGPで2013年に最高峰クラスへとデビューすると、そこからシリーズを席巻し6度チャンピオンに輝いた。しかし2020年の怪我をきっかけに苦しい時期が続き、2023年には長年を過ごしたホンダを離れ、ドゥカティ陣営のサテライトチームであるグレシーニへと移籍する決断を下した。

 そして今シーズン、マルケスはドゥカティのMotoGPマシンに素早く適応し、既に上位争いの常連へと復帰。その活躍もあり、2025年にはドゥカティのファクトリーチームへと昇格が決まった。

 F1ドライバーのハミルトンはかつて、MotoGPレジェンドのバレンティーノ・ロッシと互いのマシンを交換して走らせるイベントなども実施。バイクファンとして知られる彼は、マルケスのドゥカティ陣営での新たな挑戦について理解を示している。彼は2025年からフェラーリF1へ移籍する自らの挑戦と重ね合わせている点もあるようだ。

「凄いよね。彼は信じられない存在だ。僕はMotoGPが大好きだし、このスポーツの将来にも凄くワクワクしているんだ」

 ハミルトンはそう語る。

「彼らは、(F1オーナーでMotoGPを買収した)リバティやF1の過去数年で起きたことから多くのことを学ぶだろうし、大きな成長がやってくると思う。でも、レース自体が素晴らしいんだ」

「マルケスがドゥカティへ行くのを見るのはクールなことだ。ドゥカティは常にクールなバイクだからね」

「アスリートやライダー、ドライバーの視点から考えてもそうだし、皆の中にも同じような人がいると思うんだ。長い間同じ仕事をしていた人にとって、なにか新しいモノや新しい環境、新しいデスクや、一緒に働く新顔など、新しいチャレンジがあるのは素晴らしいことだ」

「もちろんナーバスになるところもあるだろうし、環境に馴染めるかどうかといった風な不安もあると思う。でもそれがエキサイティングなんだ。新しい場所で歓迎されるのは素晴らしいことだ。だからとてもクールだと思う。彼があのバイクに乗っている姿を見るのが待ちきれないよ」

 

前の記事 今季マルティンに勝てばファクトリーライダーにしよう……ドゥカティからの提案を突っぱねたマルケスがその理由を語る
次の記事 ドヴィツィオーゾ、テストライダーでMotoGP復帰の可能性ある? 「まだそんな歳でもないしね」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本