MotoGP ドイツGP

ドゥカティで輝き取り戻す日近い? モルビデリ、ドイツGPでの5位に自信深める「求めていたポジティブな週末」

フランコ・モルビデリはMotoGPドイツGPで5位を獲得した。かつてランキング2位になった経験もあるライダーにとっては、大した成果ではないようにも見える。しかしモルビデリにとっては、重要なリザルトだったようだ。

Franco Morbidelli, Pramac Racing

Franco Morbidelli, Pramac Racing

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 プラマックのフランコ・モルビデリは、MotoGP第9戦ドイツGPの決勝レースで5位となった。このリザルトは、モルビデリにとっては重要なモノだったようだ。

 ドイツGPでのモルビデリは、レース序盤から表彰台をかけて争った。しかしレース後半になるとライバルに追い抜かれてしまい、最終的に5位でのフィニッシュとなった。2020年には3勝を挙げ、ランキング2位となったモルビデリにとって、この5位という成績は特に輝かしいモノではないように見える。しかしモルビデリは、「求めていたポジティブな週末」だったと語る。

 モルビデリは、前述の通りペトロナス・ヤマハに在籍していた2020年に、ランキング2位となった。その後2021年のシーズン途中にヤマハのファクトリーチームに移籍し、昨年まで所属し続けたが、成績は低迷。2023年は、僚友のファビオ・クアルタラロに70ポイントもの差をつけられただけでなく、ヤマハのファクトリーチーム時代は一度も表彰台を獲得できなかった。

 そして2024年シーズンからはドゥカティ陣営のプラマックに移籍。そこでファクトリー仕様のマシンを手にしたが、ヤマハ時代の低調なパフォーマンスを考えると、それに値するのかどうか、疑問視する声もあった。

 しかもモルビデリは、トレーニング中に転倒したことで、プレシーズンテストに参加できなかった。メーカーをまたいで移籍した彼にとって、これはバイクに適応する上で大きな痛手となってしまい、目立つような結果をなかなか残せずにいた。それだけに、ドイツで表彰台を争い、最終的に5位となったことが、彼にとっては重要なモノになったと言える。

「しばらく見えていなかった僕の姿だ。それが戻ってきて嬉しいよ」と、ドイツGPを終えたモルビデリは語った。

Franco Morbidelli, Pramac Racing

Franco Morbidelli, Pramac Racing

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

「表彰台に近づいてきたけど、今回はもう少しだった。ある瞬間は、勝たないと! とも思ったんだ。だから良かったよ。僕らみんなが求めていたポジティブな週末だった」

「バルセロナ以来、表彰台に手が届くと感じられたレースが3戦続いていた。まだ表彰台は手にできていないけど、このまま頑張っていくよ。僕にはそれができる」

「アッセンではトップ5争いから脱落したけど、あれはコースが僕らにとって難しかったからだ。でも、バルセロナから僕はできるんだという感覚を持てている。後半戦で表彰台を獲得できなければ、僕は何かを欠いているということだけど、努力して追いかけていくつもりだ」

 なおドイツGPの5位という結果は、昨年のアルゼンチンGPでの4位に次ぐ好結果だ。2023年はその他の度のレースではトップ6を記録できていなかったことを考えれば、確かに今回の結果は待ち望んでいたものだろう。そして最近の調子からすると、モルビデリは後半戦で2021年スペインGP以来となる表彰台を獲得する可能性が十分にある。それを本人も感じられているようだ。

「こうして攻めるポジションにいられるのは、素晴らしい感覚だ」

「昨年や一昨年もこの位置にまで来たことはあった。でもその時はいずれも守りのモードだったんだ。でも今日は攻めのモードだった。より自分のスタイルで戦えていて、素晴らしいんだ」

 モルビデリは今回の5位で、VR46のマルコ・ベッツェッキを抜いてランキング11番手に浮上。このベッツェッキは来季アプリリアに移籍することが決まっており、その後任としてモルビデリがVR46に加入する可能性がある。VR46のオーナーであるバレンティーノ・ロッシは、モルビデリの師匠とも言える存在だ。

 そのVR46のシートを掴むためにも、シーズン後半のモルビデリには、同じドゥカティのファクトリーマシンを駆る他の3人のライダーを上回る成績が求められることになるだろう。ちなみにプラマックは来季から、ヤマハのマシンを使うことになる。

 

前の記事 兄弟ダブル表彰台にアレックス・マルケス感無量「これまでの表彰台全部より特別!」マルティンの転倒には感謝
次の記事 【動画】バニャイヤが小さなファンにプレゼント! 優勝後の胸温まるファンサービス

最新ニュース

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

F1 F1
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

F1 F1
ハンガリーGP
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

SF スーパーフォーミュラ
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1 F1
ハンガリーGP
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本