苦境が好転しないホンダ、チーム側も予想外? 「理論的には良い改善をしているはずなのに」と困惑

ホンダのチームマネージャーであるアルベルト・プーチは、2024年シーズンに「理論的には優れた改善」をしてきたはずが、成果に現れていない事に対して困惑していると話した。

Joan Mir, Repsol Honda Team crash

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 この数年間MotoGPで苦戦が続いているホンダ。2024年こそ改善を目指してきたものの、これまでのところ状況は大きく変わっていない。チーム側としても、注いでいる努力が成果として現れていない現状に困惑があるようだ。

 ホンダは2024年シーズンに向けて、RC213Vを抜本的に見直して改善を図ろうとしてきた。しかし、開幕から3戦を終えた現在、獲得ポイントはわずか8。スプリント、そして決勝共にトップ10に入ることもできていない状況にある。

 昨年11月のテストではホンダ陣営にはポジティブな雰囲気が漂っていたが、今ではかなり苦しい状況にあることが明らかになった。目立つ進歩が見られない状況には、チーム側も困惑気味だ。

「私が言えるのは、日本のメンバーは懸命に努力しているということだ」

 ホンダのチームマネージャーであるプーチは、MotoGP.comにそう語った。

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

「彼らは本当に頑張っていて、様々なことに取り組んでくれている」

「グループには新しい人材も加わり、より多くのマンパワーが備わっている。彼らが眠っているなんてわけではないんだ」

「しかしその一方で、我々は目標に到達しておらず、バイクもパフォーマンスを上げられていない。我々はバイクに大きく変更を加え、理論的には良い改善をしてきたはずなんだ」

「だがコース上では、それが確認できていない。今、我々は少し混乱している。多くの取り組みを進めているが、コース上では何も印象的なモノを確認できていないんだ。それが実際のところだ」

 なおファクトリーチームのジョアン・ミルはアメリカズGPの初日時点でホンダの現状への不満を口にしており、「開発の方向性が間違っていた」と主張した。

 そして決勝後ミルはさらに次のように語った。

「絶望的だ。この状況はとても厳しいよ」

「もっとどうにかしたいと思っても、何もできないんだ。レースで起きているのは、そういうことだ」

「中団グループにいて、ラップタイムで近づいても、1周、そして2周は良くても3周目にはバイクが『ギブアップ』と言うんだ」

「これがこのストーリーのちょっとしたリズムだ。僕らは強くならなくちゃいけないし、ハードに取り組みを進めて、この状況から前進しなくちゃいけない」

 

前の記事 アレイシ・エスパルガロ、今年限りで引退もある? テストライダー就任に興味示す
次の記事 マルケスのホンダ離脱がヤマハを「目覚めさせた」クアルタラロの2年契約延長にもプラス作用

最新ニュース

あと1〜2周あれば……ノリス、0.7秒差で2勝目逃し悔しさ吐露「フェルスタッペンを捉えられたはず」

あと1〜2周あれば……ノリス、0.7秒差で2勝目逃し悔しさ吐露「フェルスタッペンを捉えられたはず」

F1 F1
エミリア・ロマーニャGP
あと1〜2周あれば……ノリス、0.7秒差で2勝目逃し悔しさ吐露「フェルスタッペンを捉えられたはず」
フェルスタッペン、覚醒ノリスの追撃振り切り優勝。角田裕毅は10位で母国戦RBにポイント届ける|F1エミリア・ロマーニャGP決勝

フェルスタッペン、覚醒ノリスの追撃振り切り優勝。角田裕毅は10位で母国戦RBにポイント届ける|F1エミリア・ロマーニャGP決勝

F1 F1
エミリア・ロマーニャGP
フェルスタッペン、覚醒ノリスの追撃振り切り優勝。角田裕毅は10位で母国戦RBにポイント届ける|F1エミリア・ロマーニャGP決勝
F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞

F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞

F1 F1
エミリア・ロマーニャGP
F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞
ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」

ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」

SF スーパーフォーミュラ
第2戦:オートポリス
ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本