今季苦戦続くホンダMotoGP……エスパルガロは夏休み明けに“大量新パーツ”を希望

レプソル・ホンダのポル・エスパルガロは、2021年シーズン後半戦ではホンダがバイクにかなり多くの“新しいモノ”をもたらすことを期待していると語った。

今季苦戦続くホンダMotoGP……エスパルガロは夏休み明けに“大量新パーツ”を希望

 MotoGPの2021年シーズン、ホンダ勢はドイツGPでマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が勝利したことにより、2019年末から続いていた長い未勝利期間を終わらせることに成功した。しかし、ドイツGPの1勝を除けばかなり苦戦していたことも明らかだ。

 レプソル・ホンダに2021年シーズンから加入したポル・エスパルガロも、苦戦が続いているライダーのひとりだ。彼は、シーズン後半戦でホンダが改善のために新パーツを投入してくることを期待していると語っている。

 ホンダのバイク『RC213V』の2021年型には4人のライダー全員が苦戦しているが、リヤのグリップ欠如が主な問題であり、加速とブレーキングにも影響が出てしまっており、それが予選でのペースにも大きく響いていると言われている。

 ホンダも前半戦最後のオランダGPで新シャシーを投入。エスパルガロとマルケスはこれを好評価していた。エスパルガロは今年のアップデートの中で、本物の一歩を踏み出したように感じられる初めてのアップデートだと語ったものの、まだ多くのアップデートが必要だと、エスパルガロは言う。

「日本人と守秘義務っていうのは、相性がいいんだ」

 サマーブレイク中、カタルニア・サーキットで肩慣らしの走行を行なっていたエスパルガロは、そう語った。

「でももちろん、サマーブレイクの長い5週間の休暇があるということはつまり、日本ではたくさんの作業が行なわれているということ、そして僕らはそのパーツを手に入れられるだろうということを意味している」

「どんなパーツか、それはいつ頃来るのか? それは分からない」

「シャシーだけではなく多くの新パーツが来ることを期待している。マシンを機能させ、リヤグリップを改善させていくにはかなりの変化が必要だと思う」

「上手く機能するシャシーを作れば、それで済む……そんなシンプルな話じゃないと思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGPタイGP、開催中止が正式発表。新型コロナ影響し2年連続。代替戦は検討中
前の記事

MotoGPタイGP、開催中止が正式発表。新型コロナ影響し2年連続。代替戦は検討中

次の記事

アプリリアに足りない“パワー”、今季中に改善できる? エスパルガロ「2022年を待つ必要はない」

アプリリアに足りない“パワー”、今季中に改善できる? エスパルガロ「2022年を待つ必要はない」
コメントを読み込む