マルク・マルケス、最終戦バレンシアも欠場の可能性? チームマネージャー「まだ分からない」

MotoGP第17戦アルガルヴェGPを欠場しているマルク・マルケスだが、チームマネージャーによると最終戦バレンシアGPも欠場する可能性があるようだ。

マルク・マルケス、最終戦バレンシアも欠場の可能性? チームマネージャー「まだ分からない」

 ミサノ・サーキットで行なわれたMotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPで、今シーズン3勝目を収めたレプソル・ホンダのマルク・マルケス。しかし彼は続く第17戦アルガルヴェGPは欠場となった。

 欠場理由は、エミリア・ロマーニャGP後に行なっていたオフロードトレーニング中に転倒したことによる軽い脳震盪だ。数日の休養をとったあと、まだ調子が優れなかったことから、医師の診察を受け予防的措置として欠場が決まったと、チームは説明していてる。

 マルケスの最終戦バレンシアGPへの参加可否についてはまだ明かされていなかったが、チームマネージャーのアルベルト・プーチによると、マルケスは最終戦を欠場する可能性があるようだ。

 なおアルガルヴェGP欠場となったマルケスは、念の為ポルトガルへの渡航も見合わせている状態となっている。

「マルクは転倒によって頭を打ってしまい、火曜日の段階では完調ではなかったため、彼はこのレースをスキップしたほうが良いと我々は決めた。グランプリで走るには、100%の状態であるべきだからだ」

 プーチはアルガルヴェGP初日、DAZNに対してそう語った。

「マルクとしても、シーズン序盤に走ったこの地で、当時の自分と比較したかったため、(欠場には)気を揉んでいる。バレンシアも彼の好きなサーキットで、何度も勝ってきた場所のため、期待を抱いていた。しかし彼がバレンシアでレースができるかどうかは、医師に確認するまで分からないため、あなた方にお知らせすることもできないんだ」

 マルケスは今シーズン第3戦ポルトガルGPで復帰を果たしたが、怪我の影響が残り苦戦が続いた。それでもドイツGP、アメリカズGPと得意のコースで勝利を収めており、第16戦エミリア・ロマーニャGPでは苦しんでいた右回りコースでの勝利を収めた。

 ホンダとしては最終戦への参加以上に、シーズン終了後に行なわれるポストシーズンテストにマルケスが参加できるかどうかを優先したいと考えているだろう。このテストは、エンジニアが2022年に向けて冬の間にどのような作業をしなければならないかを決定する重要なものだからだ。

 
Read Also:

シェア
コメント
MotoGPアルガルヴェFP2:クアルタラロ、初日総合首位は王者の貫禄? 中上貴晶は総合9番手
前の記事

MotoGPアルガルヴェFP2:クアルタラロ、初日総合首位は王者の貫禄? 中上貴晶は総合9番手

次の記事

ジョアン・ミル、苦しい2021年の戦いにメンタル”崩壊”「1週間も休んだのは昨年以来。今は充電OK」

ジョアン・ミル、苦しい2021年の戦いにメンタル”崩壊”「1週間も休んだのは昨年以来。今は充電OK」
コメントを読み込む