ペドロサ「2016年にはチーム離脱を”大体”確信していた」と明かす

シェア
コメント
ペドロサ「2016年にはチーム離脱を”大体”確信していた」と明かす
David Gruz
執筆: David Gruz
翻訳:: 青山悦子
2018/06/26 10:41

今シーズン限りでチームを離脱するペドロサは、2年前の時点ですでにチームを離れることを理解していたのだという。

Dani Pedrosa, Repsol Honda Team
Dani Pedrosa, Repsol Honda Team
Dani Pedrosa, Repsol Honda Team
Dani Pedrosa, Repsol Honda Team
Dani Pedrosa, Repsol Honda Team
Dani Pedrosa, Repsol Honda Team
Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

  2018シーズン限りでレプソル・ホンダを離脱することが決まっているダニ・ペドロサは、2016年の時点で将来的にチームを離れることになると”大体”確信していたと語った。

 ペドロサはロードレース世界選手権にデビューした2001年から現在までホンダのバイクに乗り続けており、最高峰クラスに昇格した2006年からはホンダのファクトリーライダーとなった。

 彼は2017年にヤマハでホルヘ・ロレンソ(現ドゥカティ)のチームメイトとなる可能性もあったが、最終的にはホンダに留まった。しかしそれ以降はチームメイトであるマルク・マルケスの後塵を拝している。

 今年は序盤に怪我をしたこともあり、厳しいシーズンスタートを切ったペドロサだが、イタリアGP後に今年限りでレプソル・ホンダ離れることが発表された。なお彼の後任として、ロレンソがチームに加わることが決定している。

 彼はホンダを離れることは自身の望みでもあり、2016年にはチーム離脱が”大体”決まっていたのだと明かした。

「(2016年に)大体決まっていた。もちろん2年前というのはずいぶん前の話だが、その時もこうやってシーズンが始まった」

「2年前にチームにいた人たちも知っていたように、彼らはどのようなことが起こるのかをわかっていた。僕は彼らに”大体こういうことになりそうだ”と話したんだ」

「もちろん皆がこのことを知ったのは、これが現実となった時だろう。でもその前に、僕は大体のことを話していた」

「僕は新しいことを探す必要がある。次に何ができるのかを考え始めるのは、素晴らしい瞬間だ」

「とてもシンプルなことだ。何かを信じることはそう複雑なことではないと思う」

マルケスはペドロサのレース継続を予想

 ペドロサの将来はまだ明らかになっていない。前戦カタルニアGPでは引退を発表するのではないかと噂され、ペドロサも会見を開いた。しかしそこで今後について語られることはなかった。また来季はペトロナスがスポンサーとして復帰し、ヤマハのサテライトチームを支援するのではないかと見られているが、ペドロサにはそのチームに移籍するのではないかとの推測もある。

 チームメイトのマルケスに対し、ペドロサが来年何をすると考えているのかと尋ねると、彼はペドロサがレースを続けると考えていると話した。

「僕の考えでは、(ペドロサは)レースを続けるだろう」

「良いプロジェクトと共にMotoGPでレースを続けるために、彼にはひとつだけ選択肢がある。皆がそれを知っているだろう。でもこれは僕の考えであり、どうなるのかはわからない」

Additional reporting by Oriol Puigdemont

次の MotoGP ニュース
オランダGP:初日はビニャーレスが総合トップ。中上貴晶は21番手

前の記事

オランダGP:初日はビニャーレスが総合トップ。中上貴晶は21番手

次の記事

ロレンソ「契約を延長できない可能性が生じて、新たな選択を迫られた」

ロレンソ「契約を延長できない可能性が生じて、新たな選択を迫られた」

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ダニ ペドロサ
チーム Repsol Honda Team
執筆者 David Gruz
記事タイプ 速報ニュース