MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

来季も乗りこなせるのは“マルケスだけ”? クラッチローが新型バイクに懸念示す

シェア
コメント
来季も乗りこなせるのは“マルケスだけ”? クラッチローが新型バイクに懸念示す
執筆:
2019/11/23 5:02

LCRホンダのカル・クラッチローは、2020年型のプロトタイプマシンについて、大きく乗りやすくなったわけではないと感じている。

 MotoGP2019年シーズンは、レプソル・ホンダのマルク・マルケスが圧倒的な強さでチャンピオンを獲得し、幕を閉じた。しかし、同じホンダ勢であるカル・クラッチロー(LCRホンダ)は、2019年型のRC213Vがコーナリングの難しいマシンだと声高く主張してきた。

 【画像】ホンダがバレンシアテストに投入した新型の空力カウル

 最終戦バレンシアGP後に行われた2020年に向けた最初のテストには、ホンダを始めとして各メーカーが2020年型のプロトタイプマシンを持ち込んだ。

 そしてクラッチローも2019年型と2020年型の比較テストを行ったが、彼は新型について“いくつかの部分”で前進したが、依然として難しいバイクだと感じているようだ。

「ホンダが持ち込んだバイクは、いくつかの部分で前進しているから、ポジティブになるべきだろうね」と、クラッチローは語った。

「プロトタイプマシンは少し快適になって自信が感じられるけど、“乗りやすいか”という部分については懸念がある。冬の間、そこに取り組む必要があるし、上手くいけばそれができるだろう」

「全体的な感覚として、(最終戦バレンシアの)レースウィークよりも速く走ることができたと思う。(プロトタイプには)2日間乗っただけだだから、ポジティブな点だ」

「テスト2日目はほとんど2019年型のバイクを試さなかったけど、最後に1度だけ(2019年型で)走った。もっと速く走る事もできたとは思うけど、必要なのは2020年型の情報なんだ」

 また、マルケスもクラッチローの意見に同意している。しかし彼は乗りやすさよりも“速さ”が重要だと主張した。

「マシンの性格は似たりよったりだ」

 マルケスは2020年型のプロトタイプマシンをそう評価した。

「もっと乗りやすいバイクがあるなら、それはホンダ勢にとって助けとなるだろう。でも僕の目標は最速のバイクにすることなんだ。バイクが乗りやすいか、そうでないかは問題じゃない」

「テストではプロトタイプマシンでの作業に集中していた。ポテンシャルがあると思うんだ。でも今は全てが新しいから、いくつかの部分には調整が必要だ。ベストタイムはこのプロトタイプマシンで記録して、作業を続けていたんだ」

「現行のマシンも試したし、速かったよ。でも多くのものがまだ新しいんだ。そして幸運なことに(最終戦を戦った)バレンシアにいて、僕らはレースペースでも悪くはなかったんだ」

Read Also:

次の記事
マシン炎上は“極端な”アイデアが原因? アプリリア、ショートギアレシオが裏目に

前の記事

マシン炎上は“極端な”アイデアが原因? アプリリア、ショートギアレシオが裏目に

次の記事

ペドロサ・ライディングスクール開講。ブラッド・ビンダー、侍の助け借り習熟

ペドロサ・ライディングスクール開講。ブラッド・ビンダー、侍の助け借り習熟
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント Valencia November testing
ドライバー カル クラッチロー 発売中 , マルク マルケス 発売中
チーム Team LCR
執筆者 Lewis Duncan