MotoGP カタルニアGP

バニャイヤの今季の強さはどこから? ブレーキング、ドゥカティへの知識、良いチームとライバルは指摘

フランチェスコ・バニャイヤはMotoGP2連覇に向けて盤石の態勢を築きつつある。アレイシ・エスパルガロは、今のバニャイヤは”ソファでくつろぐかのような形”でレースをしていると、バニャイヤの安定した強さを評している。

Francesco Bagnaia, Ducati Team

 2023年シーズンのMotoGPは折返しを過ぎたところだが、ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤが2連覇に向けて盤石の態勢を築きつつある。アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)は、バニャイヤの走りについて“ソファでくつろいでいる”かのようだと語った。

 今季はMotoGPクラスでスプリントレースが新たにスタートしているが、バニャイヤはスプリントと決勝のダブル優勝を3回も記録。丁度シーズンの半分となる10戦を終えた現時点のランキングで、バニャイヤは2番手のホルヘ・マルティン(プラマック)に対して62ポイントのリードを築くに至った。

 バニャイヤは決勝で3回ノーポイントを記録してはいるものの、完走した8戦中7回で表彰台を獲得。高い安定感を示していることが、ライバルとの差に反映されている。

 第11戦カタルニアGPでライバル達はバニャイヤの今季の強みについて聞かれたが、同じドゥカティ陣営のライダーからはブレーキングが指摘されている。彼らはその点から様々なサーキットで差をつけることを可能としていると話した。

「(バニャイヤは)勝ってるからね! まあ、そんな単純ではないんだけどね」とマルティンは言う。

「あるひとつのコトが要因なんじゃなくて、色々な要因がある。ときには僕のほうが少し優れていることもあれば、彼が他の場所では優れていることもある。僕としては、普段から彼はブレーキングが強みになっていると思う。僕も近づいてはいるんだけど、彼のブレーキングは信じられないほどなんだ!」

 VR46のマルコ・ベッツェッキもマルティンの意見に同意しており、次のように語った。

Francesco Bagnaia, Ducati Team

Francesco Bagnaia, Ducati Team

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

「ホルヘと同意見だ。結局、常に彼が優れているというわけじゃない。彼が全てのコーナーで差をつけるコースもあれば、1~2個のコーナーで違うだけのコースもある。ただ基本的に、彼はブレーキングとコーナーエントリーでのブレーキの使い方が素晴らしいんだ」

 一方でアレイシ・エスパルガロは、バニャイヤの強さの秘訣にはドゥカティのマシンやプロジェクト全体を良く理解していることがあると考えているようだ。

「僕はプロジェクト全体の知識なんだと思う」とエスパルガロは言う。

「彼がベストなバイクを手にしている事は間違いないし、彼の周囲には良いチームが築き上げられている」

「彼はその全てを知っていて、週末を金曜日からゆっくりと注意深く、積み上げて行く形で取り組んでいる。プロジェクトへの理解があるからだよ。彼は全てが上手くいくと確信しながら日曜日に向かっていて、彼のレースは自宅のソファでリラックスしているようだ。そして、それがベストなことなんだ」

 そしてMotoGPクラスで6度王者に輝いているマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)もエスパルガロの見解に同意。以下のように付け加えた。

「アレイシに完全に同意見だ。特に今はね」

「バニャイヤはベストなバイクやグループを手にすることができるけど、それはパッケージであって、バイクとライダーと、ガレージ内のチームの組み合わせなんだ。そして彼らは良い状態、良い雰囲気にある」

「そのことが色々なものを簡単にさせている。速くなり、物事はより簡単になる。僕も過去にそういった経験があるし、本当に素晴らしいものなんだ。バニャイヤが今の状況を楽しんでいるといいね」

■バニャイヤ本人の意見は?

Francesco Bagnaia, Ducati Team

Francesco Bagnaia, Ducati Team

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

 なおバニャイヤ本人は、自分が無敵だとは感じていないようだ。バニャイヤは、他のドゥカティ陣営のライダーのデータを活用して、自分のパフォーマンスを向上させることが上手くできているのだと話している。

「スピードと一貫性の面で、去年よりも僕は改善できていると思う」

 バニャイヤはそう語る。

「チームは素晴らしいと思う。毎回始まりは素晴らしい状況ではないかもしれないけど、僕はチームが与えてくれるモノを求めていて、それが仕事を簡単にしてくれているんだ」

「ドゥカティには8人のライダーがいて、同じマシンに乗っている。他のライダーが自分よりも良い仕事をしている部分の理解にも役立つんだ」

「僕らの改善に役立つことがたくさんあるんだ。ただ大きな要因は、僕が自分のチームを素晴らしいと感じていて、バイクにも凄くいい感触があることなんだと思う」

 

前の記事 エスパルガロ兄、爆速レコードタイム更新のトップタイム! 日本勢が下位6台占める壊滅的状況|MotoGPカタルニア プラクティス
次の記事 カタルニアGP初日はホンダ勢大苦戦で中上貴晶も20番手……「チームはベスト尽くしているが厳しい状況」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本