ティト・ラバト、骨折のホルヘ・マルティン代役でスペインGPに参戦へ

プラマックのホルヘ・マルティンは第3戦ポルトガルGPで転倒し骨折。次戦スペインGPは欠場となったが、代役にはティト・ラバトが起用されることとなった。

ティト・ラバト、骨折のホルヘ・マルティン代役でスペインGPに参戦へ

 プラマックのホルヘ・マルティンは、MotoGP第3戦ポルトガルGPのフリー走行3回目に激しく転倒。それによって右中手骨、右足首、左脛骨に骨折を負ってしまったため、第4戦スペインGPは欠場。そしてチームは代役としてティト・ラバトを起用することを明かした。

 マルティンは今回の転倒によって右中手骨、右足首、左脛骨に骨折を負った。21日にその手術を受けたばかりだ。

 そのためマルティンは4月末から行なわれる第4戦スペインGPは欠場することになった。チームはその際の代役として、昨年までMotoGPへ参戦していたティト・ラバトを起用することを明かした。

 2014年のMoto2王者であるラバトは、2016年にMotoGPへ昇格。2018年にはエスポンソラマ(アビンティア)へ加入し、2020年シーズンまで同チームからMotoGPを戦っていた。

 ラバトは2019年のイギリスGPで負った怪我の影響もあり、昨シーズンは苦戦。チームとは2021年の契約も結んでいたものの、最終的にMotoGPへの参戦を続けることはできず、今シーズンはドゥカティのサポートを受けスーパーバイク世界選手権へ参戦することになった。

 なおドゥカティにはテストライダーのミケーレ・ピッロも代役に起用できるライダーとして存在している。今回プラマックがラバトを起用した裏には、既に多くのテストを行なっているライダーを起用するよりも、ラバトを起用することでよりフレッシュなデータを得ることを選んだためだだと考えられている。

 

Read Also:

シェア
コメント
〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:期待の予選4番手も……Moto2初転倒リタイアに小椋「もったいないレース」
前の記事

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:期待の予選4番手も……Moto2初転倒リタイアに小椋「もったいないレース」

次の記事

マルケス、衝撃の復帰戦7位にもライバルは驚かない? ミル&クアルタラロ「予想通り」

マルケス、衝撃の復帰戦7位にもライバルは驚かない? ミル&クアルタラロ「予想通り」
コメントを読み込む