MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

序盤3戦よりも成長している……中上貴晶「予選でセカンドロウを目指す」

シェア
コメント
序盤3戦よりも成長している……中上貴晶「予選でセカンドロウを目指す」
2019/05/04 3:31

第4戦スペインGPの初日を7番手で終えた中上貴晶。予選ではセカンドロウに入ることを目指すと語った。

 MotoGP第4戦スペインGPの初日フリー走行を総合7番手(+0.225秒)で終えたLCRホンダの中上貴晶。昨シーズン行われたプレシーズンテストでトップタイムを記録したサーキットで、セカンドロウ獲得を目指すと語った。

 開幕戦からここまで3戦連続でトップ10フィニッシュを続け、得意とするヘレス・サーキットに乗り込んだ中上。初日フリー走行では、再舗装された路面とマシンのセットアップを進める事にフォーカスを当てていたという。

「ヘレスは、昨年11月のウインターテストの時から路面が80%くらい改修されていて、どういうフィーリングなのだろうと思っていましたが、グリップは良く、安定したタイムで走行することができました」と、中上はLCRホンダのプレスリリースに語った。

 中上は昨年同サーキットで行われたプレシーズンテストでトップタイムをマークする走りを見せていたが、今回もそのセッティングで良い状態を保っているようだ。

「昨年11月のウインターテストのデータをそのまま活かすことができたのが大きな要因でした。タイヤも段階的に硬いものにスイッチしましたが、ソフト、ハードともに良い走りができました」

「今日は2台のRC213Vを、1台はウインターテストで走った状態、もう1台はアルゼンチン、アメリカで走った状態としました。走り出しはこれまでのセットアップで走り出しましたが、2回目のコースインでテストの状態に乗り換えると、すぐに1秒タイムを上げることができました。今日は明確に2台のセットアップの違いを見極めることができて、セットアップも進みました」

 第3戦からスペインGPのFP2まで、全てのセッションで10番手以内につけている中上。スペインGPでは自己ベストグリッドとなる9番手を更新し、セカンドロウに並ぶ事が目標だと話している。

「課題はタイヤのウォームアップで、このポイントについては明日も引き続きセットアップしたいです。ヨーロッパラウンドが始まり、手強いライバルたちがさらに強くなっていることを感じましたが、自分も序盤の3戦に比べて成長していることを実感する一日となりました。決勝はトップグループで戦うことを目標にしています。明日の予選は2列目までに並べるようがんばります」

次の記事
ヤマハはまたヘレスで苦戦? ロッシ「全体的なバランスが悪い」

前の記事

ヤマハはまたヘレスで苦戦? ロッシ「全体的なバランスが悪い」

次の記事

ロレンソのホンダ適応にはまだ時間が必要か……改善の鍵は“ブレーキング”にアリ

ロレンソのホンダ適応にはまだ時間が必要か……改善の鍵は“ブレーキング”にアリ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第4戦スペインGP
ドライバー 中上 貴晶
チーム Team LCR