MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ドイツGP
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
7 days
R
アンダルシアGP
24 7月
-
26 7月
次のセッションまで……
14 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
27 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
34 days
R
スティリアGP
21 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
42 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
62 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
70 days
R
カタルニアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
77 days
02 10月
-
04 10月
Canceled
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
91 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
97 days
R
アラゴンGP
16 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
98 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
105 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
119 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
126 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
Canceled

MotoGPスペイン予選:クアルタラロ、マルケスの最年少PP記録を更新! 中上貴晶は自己ベスト8番グリッド

シェア
コメント
MotoGPスペイン予選:クアルタラロ、マルケスの最年少PP記録を更新! 中上貴晶は自己ベスト8番グリッド
執筆:
2019/05/04 14:17

MotoGP第4戦スペインGPの予選が行われ、ルーキーのファビオ・クアルタラロがポールポジションを獲得した。中上貴晶は自己ベストとなる8番グリッドを獲得している。

 MotoGP第4戦スペインGPの予選が行われ、ファビオ・クアルタラロ(SRTヤマハ)がポールポジションを獲得し、MotoGP最年少記録を塗り替えた。

 スペインGPの予選組分けはヤマハのバレンティーノ・ロッシ、マーベリック・ビニャーレスがQ1スタートとなっており、ファクトリーライダーと言えどもコンマ数秒の差で直接Q2へと進めない、今季のMotoGPの高いレベルを端的に表すものとなった。

 天候は薄曇り、気温22℃、路面温度28℃のコンディションで予選Q1がスタートした。

 Q1セッションが開始されるとビニャーレスを先頭に各車がコースイン。ロッシとビニャーレスはフロントにミディアム、リヤにソフトタイヤをチョイスした。

 まずはビニャーレスが1分37秒378でトップに立ち、そこにカレル・アブラハム(アヴィンティア)、ティト・ラバト(アビンティア)らが続く。その後、ジャック・ミラー(プラマック・ドゥカティ)が2番手までタイムを縮めた。

 さらにホンダのテストライダーを努めているステファン・ブラドルがタイム縮めて2番手とし、その後ロッシが1分37秒371でタイムシートのトップへ躍り出た。

 ビニャーレスは早々にピットインし残り8分の段階で2回目の出走へ。ヴィニャーレスはクリアラップをベストタイムでまとめ、1分37秒316のタイムをマークしトップを奪還した。ビニャーレスはその後もアタックを続け、1分37秒164と更にタイムを縮めた。

 残り5分を切り、他のライダーも2回目のアタックへ。ブラドルがタイムを更新する走りを見せるが、Q2進出圏内には僅かに届かず3番手。後方ではポル・エスパルガロが自己ベストタイムでラップをまとめるも、7番手タイムに終わった。

 残り1分を切るところで、フランチェスコ・バニャイア(プラマック・ドゥカティ)が上手くアタックを纏め上げ2番手に浮上。これによってロッシはQ2進出圏内から落ちてしまう。

 最後のラップでロッシはアタックをかけるも、ターン5でバランスを崩してしまい、タイムを伸ばせず3番手。最終的にQ1を突破したのはマーベリック・ビニャーレスとフランチェスコ・バニャイアの2名となった。

Q2:ファビオ・クアルタラロが最年少PP記録を更新

 続くQ2の開始時には、雲に切れ間ができ、日差しが差し込むコンディションという状況でセッションがスタート。なお路面温度はQ1よりもわずかに上昇し、30℃となった。

 15分のQ2セッションが開始されるとホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ)がいの一番に飛び出して行き、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)ら各ライダーが続く。

 ファーストアタックではマルケスが1分36秒970でトップタイム。そこにカル・クラッチロー(LCRホンダ)、フランコ・モルビデリ(SRTヤマハ)が続く。中上は最初のアタックでは9番手につけた。

 その後、モルビデリはさらにタイムを縮め、2番手(+0.041秒)まで浮上。ダニーロ・ペトルッチ、アンドレア・ドヴィツィオーゾらのドゥカティ勢もアタックを続け、それぞれ3番手、4番手につけた。

 各車ピットインしタイヤ交換を行うタイミングで、マルケスは一足先に2回目のアタックに入る。マルケスはクリアラップを活かし、セクター3でファステストを記録するも、セクター4でタイムを落とし、ラップタイムを更新することができなかった。

 残り4分を切ったタイミングで、ロレンソがターン2で転倒。負傷などはしていない様子で立ち上がったが、コース復帰はならなかった。

 残り2分、クアルタラロが1分36秒880と、僅差でマルケスを上回るトップタイムをマーク。ルーキーながらトップへ躍り出た。対してドヴィツィオーゾもセクター3まで全体ベストペースの走りを見せるも、トップタイム更新はならず4番手止まりだった。するとクアルタラロのチームメイト、モルビデリも負けじとタイムを更新し2番手に浮上した。

 チェッカーフラッグが振られ、各車が最後のアタックに臨んだがタイムを更新するライダーは現れず、ルーキーのファビオ・クアルタラロがポールポジションを獲得。MotoGPクラスの最年少ポールポジション記録を更新した。

 2番手にはチームメイトのモルビデリ(+0.082秒)、3番手にはマルケス(+0.090秒)となり、ヤマハのサテライトチームがワンツーを独占する結果となった。

 セカンドロウは4番手ドヴィツィオーゾ、5番手にビニャーレス、6番手にクラッチローとなっている。日本の中上は8番手、自己ベストグリッドを獲得する走りを見せた。

 クアルタラロは予選後に「最高の気分だ。マルケスが更新すると思っていたが、ポールポジションを獲得できたのは本当に嬉しいよ」とコメントした。

→【リザルト】MotoGP第4戦スペインGP 予選タイム結果

次の記事
Moto2スペイン予選:ホルヘ・ナヴァッロが初ポール獲得! マルケス弟2番手、長島哲太は9番手

前の記事

Moto2スペイン予選:ホルヘ・ナヴァッロが初ポール獲得! マルケス弟2番手、長島哲太は9番手

次の記事

自己ベスト8番グリッドからのスタート。中上貴晶「トップ6を目指す」

自己ベスト8番グリッドからのスタート。中上貴晶「トップ6を目指す」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第4戦スペインGP
ドライバー ファビオ クアルタラロ
執筆者 永安陽介