マルティン「ザルコには勝てる速さがある!」2位続くチームメイトの強さと初優勝を確信

プラマックのホルヘ・マルティンは、2021年シーズンに2位を4回と優勝に手が届かない状況の続いているヨハン・ザルコには勝つだけの速さがあると語った。

マルティン「ザルコには勝てる速さがある!」2位続くチームメイトの強さと初優勝を確信

 プラマックのホルヘ・マルティンが、チームメイトのヨハン・ザルコについてコメント。ザルコは2021年シーズンにプラマックへ移籍し、ドゥカティ陣営2年目にして最新型のデスモセディチGPを手に入れると、今季は高い競争力を発揮している。

 2021年のMotoGPは既に7レースを終えているが、ザルコは4戦で表彰台を獲得。これはテック3・ヤマハ時代の2017年(表彰台3回)を上回るものだ。ポイントランキングでも首位のファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)に迫る2番手と、非凡な活躍を見せている。

 ザルコはこうした好成績を残している一方で、まだ初優勝には手が届いていない。今季4回の表彰台は全て2位と、シルバーコレクターとでも言うべき状況になっている。

Read Also:

 しかしザルコはいずれにしろ優勝を果たすだろう……そう考える人も多い。そして、それはチームメイトのマルティンも同じ考えのようだ。

「バルセロナ戦(カタルニアGP)の決勝レースについては、僕はザルコは優勝も可能だったように見えた。彼は序盤にタイヤを労っていて、終盤にすごく速かったからね」

「ここ(カタルニア・サーキット)はタイヤにとっては厳しいレースで、(優勝できなかったのは)恐らく序盤に保守的に行き過ぎたんだと思う」

「とにかく、ザルコは優勝できる速さを備えている。それにサマーブレイク後にはドゥカティに相性のいいコースが控えているし、僕らは間違いなく勝ちを争うことになるだろうね」

 そのマルティンは第3戦ポルトガルGPで転倒したことにより負った怪我により、数戦を欠場。しかしカタルニアGPで復帰を果たしている。フォーメーションラップでの転倒によってピットレーンスタートになってしまったが、今回は完走することが重要だったとマルティンは語る。

「長い間怪我で休んでいたから、今日はレースを完走することが目的だった。仮に15番手からスタートできていたら、もっとプッシュして転倒するリスクもあったかもしれない。だからカタルニアで完走して、2ポイントを獲得できて嬉しく思っているんだ」

「最後の6周はポイントを獲得できる位置だったけど、肉体的には完走もムリと思えるほどに疲れ切っていた。一時は危険だと思ってすらいたけど、チームと自分自身のためにも完走する事が重要だったし、それをやりきったんだ」

「重要なのはバルセロナで良いレースウィークを過ごしたことだ。予選では4戦ぶりなのにまともなタイムを記録できたし、14位でゴールできた。悪くないよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
「ホンダの現状はKTMの初年度みたい……」エスパルガロ弟、苦戦続きでも好転の予感はアリ
前の記事

「ホンダの現状はKTMの初年度みたい……」エスパルガロ弟、苦戦続きでも好転の予感はアリ

次の記事

王者ホンダがまさか? 未だ表彰台なく、2022年はコンセッション適用の可能性も

王者ホンダがまさか? 未だ表彰台なく、2022年はコンセッション適用の可能性も
コメントを読み込む