想像していたのと違う!? 弟エスパルガロ、KTM新型の改善に驚く

シェア
コメント
想像していたのと違う!? 弟エスパルガロ、KTM新型の改善に驚く
執筆:
2020/02/15 9:02

KTMのポル・エスパルガロは、2020年型のマシンが前年型に比べてこれほど大きな進歩を遂げられるとは想像もできなかったと語った。

 2月7日から3日間の日程で行なわれたMotoGPのセパンテスト。KTMのポル・エスパルガロは安定してトップ10に入るタイムを記録し、トップから0.261秒差の総合7番手タイムでテストを終えた。

 エスパルガロはこうした好結果を示しつつあっても、2020年シーズンにどんな結果をもたらせるかについて、多くを語ろうとはしなかった。しかし彼は、過去に苦戦していたサーキットでの好結果には励まされると語った。

「この新型マシンはとてもいい感じだ」と、エスパルガロは話す。

「もしここ(セパン)に来る前に、今回のような結果が残せるかどうかと聞かれていたら、僕は『KTMでそれは不可能だ』と答えていただろう。それは順位の話ではなくて、レースペースの話だ」

「でも実際に僕らはとても良かった。僕たちは一貫性があって、自分たちのリズムで限りなく速く走ることができていた。素晴らしいことだよ。僕としてもこの状況には本当に驚きを感じている」

 今回エスパルガロは14周を走ったタイヤで1分59秒4前後のタイムを出し、1レース分の距離を走行した後でも1分59秒7と好タイム。エスパルガロもこのタイムについては“とても良い”と説明している。

「僕が想像していたのよりも大きな進歩だ」

 エスパルガロはそう語り、KTMがエンジン面で大きな進歩を果たしたと強調した。

「人は常に何かを期待し、夢を見るものだけど、それが現実になりつつあるんだ。このマシンはどんどん良くなっているんだ」

「ここセパンは僕らが普段苦戦しているところだけど、良い結果を残せたんだ。だから、僕らが普段から速いヘレスを走るのがとても楽しみだ」

 

Read Also:

次の記事
「クアルタラロ起用は論理的」ロッシ、ファクトリー離脱決定もヤマハに憤りなし

前の記事

「クアルタラロ起用は論理的」ロッシ、ファクトリー離脱決定もヤマハに憤りなし

次の記事

ヤマハ復帰を邪魔しなかった……ロレンソ、ホンダの心の広さに感謝

ヤマハ復帰を邪魔しなかった……ロレンソ、ホンダの心の広さに感謝
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント Sepang February testing
ドライバー ポル エスパルガロ
チーム KTM
執筆者 Valentin Khorounzhiy