MotoGP オーストリアGP

KTMのポル・エスパルガロ、オーストリアGPで今年2度目のワイルドカード参戦が決定

KTMはMotoGP第11戦オーストリアGPで、ポル・エスパルガロがワイルドカード参戦すると発表した。

Pol Espargaro, Red Bull KTM Factory Racing

Pol Espargaro, Red Bull KTM Factory Racing

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 KTMは7月11日に、同社のテストライダーであるポル・エスパルガロがMotoGP第11戦オーストリアGPでワイルドカード参戦すると発表した。

 エスパルガロは2023年までMotoGPの現役ライダーとしてフル参戦していたが、怪我をきっかけに長期欠場があり、KTM陣営の後輩に席を譲る形で現役を退いた。

 ただエスパルガロはKTMでテストライダーに就任してMotoGPへの関わりを持ち続け、さらにワイルドカード参戦も行なう計画が立てられた。第7戦イタリアGPでは、昨年の引退後初めてMotoGPのワイルドカード参戦をした。

 そして今年2度目のワイルドカード参戦を、KTMの地元オーストリアで行なうことになった。エスパルガロはオーストリアGP参加にあたり、再び参戦できる喜びと、KTMのお膝元ということもありホームレースのような感覚もあるとコメントを寄せた。

「また参戦する準備はできているよ! ムジェロはレッドブルKTMから復帰するにあたって特別なサーキットだったけど、レッドブルリンクよりも特別な場所はないだろう」とエスパルガロは言う。

「このコース、場所、そしてファンと雰囲気、オーストリアGPがKTMにとってどれだけの意味を持つものかを考えると、僕にとってもホームレースのような感じもある」

「ここでは優勝争いをした良い思い出もあるけど、イタリアと同じように目標はKTM・RC16でコースに向かい、テストプラグラムを続けることが目標だ。僕らにはやるべきことがあるけど、オーストリアGPはとても楽しいものになると思う」

 

前の記事 バレンティーノ・ロッシ、ル・マンの次はニュル24時間? 「今のところはないけど、僕の最初の目標のひとつ」
次の記事 予選フロントロウもドゥカティ陣営に敗北トラックハウス……フェルナンデスは旧型マシンのタイヤ消耗に泣く

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本