KTM、エスパルガロ離脱も育成プラン“信頼”し1年前倒し。ビンダー&オリベイラの冷静さ称賛

KTMのモータースポーツディレクターであるピット・ベイラーは、2020年のポル・エスパルガロ離脱によって、陣営が1年早く若手ライダーを登用せざるを得なくなったと語っている。

KTM、エスパルガロ離脱も育成プラン“信頼”し1年前倒し。ビンダー&オリベイラの冷静さ称賛

 2017年シーズンにロードレース世界選手権MotoGPクラスへのフル参戦を開始したKTM。彼らはファクトリーチームのライダーとしてポル・エスパルガロを起用。彼は2020年にチームを離脱するまで、マシン開発の面で大きな貢献を果たしてきた。

 しかしエスパルガロは、2021年シーズンにレプソル・ホンダへ移籍することを決断した。

 KTMのモータースポーツディレクターであるピット・ベイラーは、この時エスパルガロの後任として“ビッグネーム”の起用も検討していたと話す。

 しかし最終的にKTMはテック3からミゲル・オリベイラを昇格させ、まだMotoGP2年目を迎えたばかりのブラッド・ビンダーとコンビを組ませることを選んだ。

 ベイラーはライダー選定に関して、陣営の若手ライダー登用の計画が当初よりも1年早くなったものの、その決定は間違っていなかったと語った。

「我々はライダーと共に多くの浮き沈みを経験してきたが、彼らが我々のことを疑うようなことはなかったし、我々も彼らを疑うようなことはなかった」と、ベイラーは言う。

「ポルが離れてしまった時、我々は他のビッグネームにも目を向けた。だがレッドブル・ルーキーズカップ、Moto3、Moto2、そしてKTMとMotoGPに参戦する……自分たちの育成プログラムにこだわることにしたんだ」

「予想よりも1年早かったものの、自分たちの育成システムを信頼していた。そうすることができて、満足している」

 そのビンダーとオリベイラは2021年シーズン序盤は苦戦が続いていた。しかしイタリアGPで新シャシーが導入されるとオリベイラが2位を獲得。以降はカタルニアGPで優勝、ドイツGPでは2位、オランダGPでも5位と好調が続いている。

 ベイラーは苦しいシーズン序盤だったにもかかわらず、両ライダーがファクトリーを信頼して自暴自棄にならず、事態を好転させたと称賛する。

「厳しい時期にも彼らは自暴自棄にならず、他のチームやメーカーと話し始めるようなことはなかった」

「彼らはKTMを信頼してくれている。我々が彼らに不足を伝え、そして彼らがそれに取り組んでくれるなら、我々も彼らを信じる」

「だが彼らはそうした瞬間にあっても落ち着き払っていた。それは我々にとって大きな助けになった」

「ライダーがナーバスになったりし始めると、さらに難しい事態になってしまうんだ」

「だからそうした冷静なライダーふたりと共にいることができてとてもうれしく思っている。我々はマシンの様々な主要部分への作業を進め、パッケージとして彼らに渡した。その効果がコンマ1秒なのか、コンマ3秒なのか、最高速にしてどれほどなのかは分からないが、素晴らしいモノだった」

「我々は新マテリアルを持ち込んだが、ライダーはそれ以上の成果をもたらしてくれた」

「彼らはフィーリングが良くなると、再び成長した。それによる成果は信じられないほどのものだった」

「これはチームの性質を示している。最終的に勝つのがチームだとしても、それは素晴らしいライダー抜きでは成し得ないものだ。そして、真にそれが測られる場所はコース上なのだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGPランク首位でシーズン折り返しを迎えたクアルタラロ「ロッシの後任は大きな責任」

前の記事

MotoGPランク首位でシーズン折り返しを迎えたクアルタラロ「ロッシの後任は大きな責任」

次の記事

KTM、ペトルッチのラリー参戦サポートを約束。しかし「まだMotoGPでやるべき仕事がある」

KTM、ペトルッチのラリー参戦サポートを約束。しかし「まだMotoGPでやるべき仕事がある」
コメントを読み込む