LCRホンダ、新加入アレックス・マルケス用RC213Vを公開。フレッシュな青が目を引く

MotoGPに参戦するLCRは、新加入となるアレックス・マルケスの駆るRC213Vのカラーリングを公開した。

LCRホンダ、新加入アレックス・マルケス用RC213Vを公開。フレッシュな青が目を引く

 2020年にロードレース世界選手権MotoGPクラスへレプソル・ホンダからデビューを果たしたアレックス・マルケス。彼は今季LCRホンダ・カストロールへと移籍したが、チームは2月19日に彼が新天地で駆るRC213Vのカラーリングが公開された。

 アレックス・マルケスは昨年、デビューイヤーながらシーズン後半戦でホンダ勢で唯一表彰台を獲得。ランキング14位でシーズンを終えた。

 そうした活躍を示したアレックスだが、彼は7月のシーズン開始前から2021年のLCRホンダ移籍が決定していた。ただLCR移籍後も彼はホンダからファクトリーサポートを受けることになっている。

 イベントで公開されたアレックスが駆るRC213Vだが、これまでカル・クラッチローが走らせていたマシンのカラーリングを引き継ぎながらも、アッパーカウルの青が目を引くデザインとなっている。

 彼は今回のチームローンチイベントで次のようにコメント。このカラーリングが気に入ったと話した。

「今日、初めて新マシンを見た時は素晴らしいと思った」

「新しいバイクを見たときはいい気分で、本当に素晴らしいし、特別なカラーリングだと感じられた」

「LCRが世界選手権で歴史あるチームであることは分かってる。だからこうした色を纏うのは嬉しいことだよ」

「以前にも話したことがあるけど、見た目は重要だ。ただ結果はさらに重要なんだ。だから良い結果を出そうとするために、良いカラーリングを纏うことはいつだって素晴らしいことなんだ」

 なおチームメイトとなる中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)も、日本時間2月20日18:00に今季のチームローンチイベント実施が予定されている。

 

Read Also:

シェア
コメント
ヤマハ勢トップのモルビデリが、型落ちバイクを使う理由。今年は最新仕様との差も縮まる?

前の記事

ヤマハ勢トップのモルビデリが、型落ちバイクを使う理由。今年は最新仕様との差も縮まる?

次の記事

中上貴晶、2021年を戦う新マシンのカラーが公開。昨年は日本人16年ぶりPPも獲得

中上貴晶、2021年を戦う新マシンのカラーが公開。昨年は日本人16年ぶりPPも獲得
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー アレックス マルケス
チーム Team LCR
執筆者 Lewis Duncan