MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

オリベイラ最終戦欠場へ。代役イケル・レクオナ、母国戦でMotoGPデビュー

シェア
コメント
オリベイラ最終戦欠場へ。代役イケル・レクオナ、母国戦でMotoGPデビュー
執筆:
2019/11/08 7:13

来季からのMotoGP昇格が決定済みのイケル・レクオナは、ミゲル・オリベイラの代役として最終戦バレンシアGPで予定より早くMotoGPデビューを果たすこととなった。

 MotoGP2019年シーズンの最終戦バレンシアGPは、負傷欠場のミゲル・オリベイラ(テック3・KTM)に代わり、現在Moto2参戦中のイケル・レクオナが出場することが明かされた。

 オリベイラは第17戦オーストラリアGPのFP4で大クラッシュを喫し、第12戦イギリスGPで負った肩の負傷を悪化させてしまい、第18戦マレーシアGPを欠場。また、負傷した肩の手術を受けることになった。

 手術を受けることでオリベイラは最終戦バレンシアGPも欠場することになった。彼の代役として起用されたレクオナは、同チームから2020年にMotoGPデビューを果たす予定だったが、予定より一足早く最高峰クラスへと足を踏み入れることになった。

「僕の母国グランプリでこうした機会を得られるのは、誇らしい瞬間だ」と、スペイン出身のレクオナは語った。

「僕らはこの素晴らしい経験を楽しむべきだけど、将来のために可能な限り学んでいくよ」

「この機会はエルベ・ポンシャラル(テック3代表)やエイタン・バットブル(American Racing KTMのオーナー兼代表)、チームの皆の励ましや助けが無ければあり得なかっただろう。彼らはライダーとして、そして人間としての僕の成長を助けてくれたんだ」

「来年のチームメイトであるオリベイラには可能な限り回復してくれることを願っている。そしてバレンシアでは常にやっているように、自分の全力を尽くすつもりだ」

 なおレクオナがMotoGPクラスに出走することでAmerican Racing KTMは、代役としてMotoAmericaのライダーであるショーン・ディラン・ケリーを起用する予定だ。

Read Also:

次の記事
ロレンソは”決断”すべき……ドルナCEO、苦戦続きの王者に“幕引き“促す

前の記事

ロレンソは”決断”すべき……ドルナCEO、苦戦続きの王者に“幕引き“促す

次の記事

何も弄らない方が速い? ビニャーレス、新パーツを避けてパフォーマンス向上

何も弄らない方が速い? ビニャーレス、新パーツを避けてパフォーマンス向上
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー イケル レクオーナ
チーム Tech 3
執筆者 Pablo Elizalde