MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

ホンダ離脱が噂されるロレンソ、2021年の“ペトロナス・ヤマハ”入りも選択肢に?

シェア
コメント
ホンダ離脱が噂されるロレンソ、2021年の“ペトロナス・ヤマハ”入りも選択肢に?
執筆:
2019/08/10 6:06

ホルヘ・ロレンソが2021年のペトロナス・ヤマハ移籍を考慮していることが判明した。

 今シーズンからレプソル・ホンダへ移籍したホルヘ・ロレンソだが、プラマックからドゥカティへ復帰するのではないか、という報道がオーストリアGP前に為されていた。

Read Also:

 そして、ヤマハのサテライトチームであるペトロナス・ヤマハへの移籍という新たな選択肢も浮かび上がってきた。

 ロレンソはホンダと2年契約を結んで移籍したものの、ホンダライダーとしてのキャリアにおいて目立った実績は残せておらず、現在は負傷により離脱している状況だ。

 第8戦オランダGPで負傷離脱して以降、ロレンソはホンダからの離脱を考えていると噂されており、MotoGPのライダーズマーケットを騒がせている。

 こうしたロレンソのホンダ離脱という報道について、ホンダのチームマネージャーを務めるアルベルト・プーチに尋ねると、彼は「我々は何も知らない。ただひとつ言えるのは、ホルヘは有効な契約を締結しており、そして契約に満足してサインしたということだ」と語った。

 しかし、ホンダの上層部はロレンソが代替案を探していることに深くフラストレーションを溜めているだろうと考えられている。そして彼らはあまり時間をあけず、ロレンソに意向を明確にするよう求めるだろう。

 ロレンソの代理人であるアルベルト・バレラが、9日(金)にmotorsport.comに対して語ったところによると、ロレンソがホンダと結んでいる契約に関して正式な進展は無く、彼が現在の契約を満了する可能性は非常に高い、ということだ。

 しかしながらバレラは、2020年以降のホンダとの関係を継続することについては“込み入った事態”になるだろうとも認めている。

 ホンダがもしロレンソを放出することを認めた場合の話となるが、ひとつの可能性が2021年のドゥカティファクトリー復帰を視野に入れた、プラマックへの移籍だ。また、別の選択肢として2016年まで長年に渡り在籍していたヤマハ陣営への復帰の可能性も検討しているようだ。

 ロレンソは3度の最高峰クラスタイトルをヤマハで獲得しているが、ドゥカティ放出が決まった際も、サテライトチームであるペトロナス・ヤマハへの移籍は実現しなかった。だが現在では彼が同チームに名を連ねることに興味を抱いていると考えられている。

 マレーシアの石油や天然ガスを取り扱う企業であるペトロナスに支援を受けた新設のチームは、最高峰クラス1年目ながらも、ルーキーのファビオ・クアルタラロが3度ポールポジションを獲得し、表彰台も既に2度獲得するなど、力強い結果を残している。

Read Also:

次の記事
MotoGPオーストリアFP2:中上貴晶が3番手タイム! 首位はマルケス 

前の記事

MotoGPオーストリアFP2:中上貴晶が3番手タイム! 首位はマルケス 

次の記事

ミラー、ロレンソ移籍の噂で“衝撃”を受けるも「燃料に使う」と奮起材料に

ミラー、ロレンソ移籍の噂で“衝撃”を受けるも「燃料に使う」と奮起材料に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ホルヘ ロレンソ 発売中
チーム Pramac Racing , Repsol Honda Team , Drive M7 SIC Racing Team
執筆者 Oriol Puigdemont