MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ドイツGP
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
1 days
R
アンダルシアGP
24 7月
-
26 7月
次のセッションまで……
8 days
R
チェコGP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
21 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
28 days
R
スティリアGP
21 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
36 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
56 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
64 days
R
カタルニアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
71 days
02 10月
-
04 10月
Canceled
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
85 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
91 days
R
アラゴンGP
16 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
92 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
99 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
113 days
13 11月
-
15 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
120 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
Canceled

ロレンソ、現役復帰の可能性が“ちょこっと”上がる。手始めはワイルドカード参戦?

シェア
コメント
ロレンソ、現役復帰の可能性が“ちょこっと”上がる。手始めはワイルドカード参戦?
執筆:
2020/02/11 3:18

2019年限りで現役を引退し、2020年からは古巣のヤマハでテストライダーとなったホルヘ・ロレンソ。彼はヤマハに戻って以来、わずかながら現役復帰の可能性が高まっていると話した。

 3度のMotoGPタイトル獲得経験者であるホルヘ・ロレンソは、2019年限りで現役を引退した。その後の彼の動向には注目が集まっていたが、2020年1月末にヤマハがロレンソをテストライダーとして起用すると発表。過去9年間在籍した古巣へ戻ることとなった。

 2月2日から3日間行なわれたシェイクダウンテストでは、ロレンソが早速ヤマハ・YZR-M1に搭乗。マシンは自分にとって理想的なものだ、とコメントした。

 こうしたロレンソの状況は、『彼のMotoGPフル参戦復帰の可能性があるのではないか?』という推測を生じさせた。

 そしてロレンソに2021年以降にその選択肢はあるのかを訊くと、彼は「知っての通り、僕が引退したときの当初の考えは、完全に競争から退く、というものだった」と答えた。

「僕は18年間を勝利のため、自分の目標を果たすため本当に懸命に取り組んできた。今、僕は人生の違ったステージにいると思っている」

「でももちろん、またヤマハに乗ってとても楽しんでいる、とも言わないとね。長い間感じることができていなかった幸せをまた感じているんだ」

「おそらく僕が最後にプロフェッショナルな喜びを感じたのは、2018年に3勝を挙げた際だろう。あの時期はとても幸せだった。だけど残念ながら怪我やあまり良くない結果もあって、この1年半は同じようなモノを感じられていなかった」

「そして今だけど、このシェイクダウンの3日間は僕にとってとても幸せなものだった。だから(引退会見を行なった)バレンシアで、僕は99%引退だと話したと思うけど、今は98%だ」

 そして、ヤマハのマネージングディレクターを務めるリン・ジャービスは、ロレンソのワイルドカード参戦について可能性を否定しなかった。

「我々はそれについて話し合っている。ワイルドカードはオプションだよ」と、ジャービスは言う。

「それはホルヘ、そして我々にとってのオプションだ。彼がそれをしたいと感じ、我々にそれを行なうだけの能力があるなら、彼はそうするだろう」

「当然、ホルヘと我々の契約の主な目的はマシン開発だ。だから我々はワイルドカード(の権利)を特に理由のない場所でするのではなく、使用する意味のある、その後テストを行なうグランプリを選択する可能性が高い」

「これは我々が共に話し合う議題だ。思うにホルヘは(マシンを)快適に感じて、レーススピードを発揮できると感じる必要がある。そうだろう?」

 

Read Also:

次の記事
MotoGPコラム:変わるロッシ、変わらない“情熱”。常夏のセパンで見える驚異の熱意

前の記事

MotoGPコラム:変わるロッシ、変わらない“情熱”。常夏のセパンで見える驚異の熱意

次の記事

ドゥカティ、セパンテストでレースペースに苦戦。アプリリアとKTMの突き上げくらう?

ドゥカティ、セパンテストでレースペースに苦戦。アプリリアとKTMの突き上げくらう?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ホルヘ ロレンソ 発売中
チーム Yamaha Factory Racing
執筆者 Valentin Khorounzhiy