MotoGP Mugello Official Testing

マルケスはもう全盛期を過ぎた? ロレンソ「来年バニャイヤを常に倒せるかは分からない」

ホルヘ・ロレンソは2025年のドゥカティファクトリー昇格が決まったマルク・マルケスについて、チームメイトのフランチェスコ・バニャイヤを常に圧倒するようなことは無いと考えている。

Francesco Bagnaia, Ducati Team, Marc Marquez, Gresini Racing

 2025年シーズンにドゥカティのMotoGPファクトリーチームへ加入が決まったマルク・マルケスについて、3度のMotoGP王者であるホルヘ・ロレンソはチームメイトを常に圧倒するようなことにはならないと考えている。

 マルケスは今シーズンからドゥカティ陣営のグレシーニに加入すると、素早くマシンに適応し7戦を終えた今は型落ちのマシンながらも上位争いの常連となっている。

 そして2025年に向けてマルケスはドゥカティファクトリーチーム昇格が決定。フランチェスコ・バニャイヤは強力なライバルを迎えることになった。

 ふたり合わせてタイトル11回を記録する最強チームが誕生するが、マルケスがバニャイヤを打ち負かすかどうかという点を含め、注目は今から高まっている。ただマルケスのかつてのライバルでチームメイトでもあったロレンソは、バニャイヤが常に圧倒されるようなことにはならないだろうという見解を示している。

「マルケスは(来年)32歳になる。彼はマルク・マルケスだけど、大きな怪我を経験してきたし理論上は少し限界に達していると言える」

 ロレンソはDAZNにそう語った。

Jorge Lorenzo

Jorge Lorenzo

「理論上、彼にできる最善のことは今のレベルに留まることだ。その一方で25~26才のライバルは机上の理論としては改善していくことが求められる。彼にとっての重要な問題はそこだと思うし、それによって均衡が保たれている」

「2019年のペッコ(バニャイヤ)と2019年のマルケスを比べると、マルクが3段階上にいたことは明らかだった。そして今、同じバイクでマルクが常にペッコを倒せるかどうかは分からない」

 なおバニャイヤはマルケス昇格が決まる前に、チームメイトに対して求めるものについて、これまで築いてきた『チームの和』を乱さないことだと語っていた。ロレンソはこの発言について、バニャイヤがマルケスを僚友にすることを望んでいないと解釈している。

「ペッコはボックス内部の雰囲気が乱されることを望んでいないと明確にしていた。これを翻訳するとどうなるか? 『マルクのようなライダーは望んでいない。速いライダーも、僕に勝つかもしれないライダーも望んでいない』ということだ」

「これはエネア(バスティアニーニ)にはそうできないという意味じゃない。でも感覚のレベルとして、今バスティアニーニとマルク・マルケスのどちらがより恐ろしいのか? となると、それは明らかにマルケスなんだ」

 

前の記事 マーベリック・ビニャーレス、KTM陣営移籍決定か? 実現すれば異なる4メーカーでのMotoGP参戦に
次の記事 ビニャーレス&バスティアニーニ、2025年はテック3へ移籍! チームはGASGASから再びKTMのオレンジカラーへ

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本