引退ロレンソ、MotoGPパドックに“アイル・ビー・バック!?” 

シェア
コメント
引退ロレンソ、MotoGPパドックに“アイル・ビー・バック!?” 
執筆:
2019/12/18 8:56

2019年限りでMotoGPを引退したホルヘ・ロレンソ。だが、彼は直ぐにMotoGPのパドックに戻ってくるだろうと話した。

 3度のMotoGPタイトルを獲得したホルヘ・ロレンソは、2019年限りでの引退を最終戦バレンシアGPで発表し、18年間の現役生活に幕を降ろした。

Read Also:

 以後、ロレンソは休暇を満喫する様子をInstagramなどで伝えていたものの、いくつか契約による義務がありそのために休暇以外の行動もとっていた。実際、彼は12月中旬に日本を訪れ、『HRC感謝の会』に出席している。

 そして16日(月)にオーストリアのTV番組に出演したロレンソは、MotoGPのパドックへ直ぐに戻ることになるだろうと語った。

「バリ島で休暇を取っていたんだけど、今はとてもいい気分だ。最初は行きのチケットしかとっていなかったんだけど、いくつかやらなきゃならないことがあって戻ったんだ」

 ロレンソはそう引退後の状況を説明した。

「僕は間違いなくパドックへ戻ってくるだろう。直ぐに何かしらのアナウンスを出せると思う」

「僕は17年間世界を旅してきて、常に同じホテルに泊まってきた。自分のことは幸せなヤツだと思っている。ただプレッシャー無しで生きられる機会を手にした場合、世界中を転戦しているよりも幸せだろう」とロレンソは語り、現役復帰ではないことを示唆した。

 なおロレンソは2020年5月に行なわれるスペインGPへの出席を予定している。そこでロレンソがMotoGPレジェンドに加わる殿堂入りのセレモニーが予定されているためだ。

Read Also:

 
次の記事
メーカー移籍は至難の業? 「適応に2〜3年は必要」と経験者ミラー語る

前の記事

メーカー移籍は至難の業? 「適応に2〜3年は必要」と経験者ミラー語る

次の記事

ヤマハ、ロレンソに“テストライダー”就任要請か。古巣復帰が実現?

ヤマハ、ロレンソに“テストライダー”就任要請か。古巣復帰が実現?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ホルヘ ロレンソ 発売中
執筆者 Germán Garcia Casanova