MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
11 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
18 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
32 days

ロレンソ、重ねてホンダ離脱を否定。ザルコの決定は“勇敢”と語る

シェア
コメント
ロレンソ、重ねてホンダ離脱を否定。ザルコの決定は“勇敢”と語る
執筆:
2019/09/23 6:55

レプソル・ホンダのホルヘ・ロレンソは、ザルコのKTM離脱を見ても、自身が早期にホンダを離れることはないと語った。

 今シーズンのMotoGPはメーカーをまたいで移籍したライダーの苦戦が多発しており、ヨハン・ザルコ(KTM)、ホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ)、アンドレア・イアンノーネ(アプリリア)といった面々は上位に食い込む走りができていない。

 そんな中、KTMは第11戦オーストリアGP後に、2年契約のザルコが今年限りで早期に離脱することを発表。さらに第14戦アラゴンGP以降はザルコの代わりにミカ・カリオ(KTMテストライダー)を据え、以降6戦を戦わせる決定を下した。

Read Also:

 ザルコの苦戦と同じように大きく取り沙汰されているのが、ホンダへ移籍したロレンソの苦戦だ。3度の最高峰クラスタイトル獲得経験のある男が、未だにトップ10フィニッシュすら果たせていない状況は注目を集め、その苦境は負傷による戦線離脱によって更に難しいものとなってしまった。

 ロレンソには直近2年を過ごしたドゥカティへの復帰説すら囁かれていたが、彼はこれを否定。ホンダとの2年契約をまっとうすることを強調した。

 だが負傷からの復帰3戦目となるアラゴンGPでも、ロレンソの苦戦は続いた。そんなロレンソに対し、ホンダとの契約の早期終了を再び考えることはないのかと尋ねると、彼は次のように語った。

「僕はかなり苦戦しているし、簡単な状況じゃない事は確かだ」

「言うまでもなく、満足なんてしていない。去年ドゥカティでレースに勝っていた時や、ヤマハで勝っていた時と比べればね」

「競争力のあるライダーがはるか後ろでレースを終えているなら、満足することなんてできない。でも僕は常に戦っているし、このバイクに適応するための策を見出そうと、ベストを尽くしているんだ」

「こうやって訊かれるように、多くの人がこの質問を投げかけてくる。そして僕が言うことは、現時点でそうした考えが頭に浮かんだことは無い、ということだよ」

「僕はホンダと2年間の契約を結んでいる。だから最後のレースまで改善できるかどうか、見てみよう」

 またロレンソはザルコのKTM離脱という決定を“勇敢”と評した。しかしそれが正しいものだったかどうかには自信が無いと語った。

「彼は乗りやすいバイクからKTMのような難しいバイクへ乗り換えるという、大きな変化に苦戦していた」

「慣れ親しんだヤマハから、非常に異なるバイクへと移るのはいつだって難しいものだ。だから彼は忍耐やモチベーションを失ったんだろうし、幸せでもなかったはずだ」

「僕の見解だけど、今の契約に含まれる他の利点等があるにしても、それを忘れて離脱したのは、勇敢な決定だと思う」

「サンマリノGPでは、彼は速かったし、例えば(チームメイトの)ポル・エスパルガロにも接近していた。でも彼は既にその決定を下していて、とにかく幸せじゃなかったというわけだ」

「だから彼の決定は尊重する必要がある。彼は勇敢だと思うよ。だけど“賢かった”か、そうじゃないか……それは分からない」

Read Also:

次の記事
「表彰台に登る感覚は最高」キャリア初表彰台の小椋藍、目標達成に喜び

前の記事

「表彰台に登る感覚は最高」キャリア初表彰台の小椋藍、目標達成に喜び

次の記事

ザルコには“苦戦の道”しか無かった? クラッチロー「ホンダでも苦戦したはず」

ザルコには“苦戦の道”しか無かった? クラッチロー「ホンダでも苦戦したはず」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ホルヘ ロレンソ 発売中
チーム Repsol Honda Team
執筆者 Lewis Duncan