タイGP初日:ドヴィツィオーゾ首位もロレンソに悪夢。中上13番手、ヤマハに復活の兆し?

シェア
コメント
タイGP初日:ドヴィツィオーゾ首位もロレンソに悪夢。中上13番手、ヤマハに復活の兆し?
2018/10/06 3:08

初開催となるタイGPの初日は、ヤマハとドゥカティ勢が速さを見せたものの、ホルヘ・ロレンソが大クラッシュを喫してしまった。

 MotoGP第15戦タイGPの初日が行われ、アンドレア・ドヴィツィオーゾが総合トップタイムをマーク。しかしそのチームメイトであるホルヘ・ロレンソは大クラッシュを喫し、欠場が決定した。

 今回が初開催となるタイGP、最初のセッションであるフリー走行1回目(FP1)で速さを見せたのはヤマハだった。トップタイムを記録したのはマーベリック・ビニャーレス。2番手にはバレンティーノ・ロッシが0.270秒差で続き、3番手がドヴィツィオーゾとなった。

 ポイントリーダーのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)はセッション序盤に転倒を喫したが、セッションの大部分でトップに立っていた。終盤のタイムアタック合戦でタイムをあげる事はなく、最終的には5番手でセッションを終えている。

 LCRホンダの中上貴晶は、チームメイトのカル・クラッチローを0.2秒上回り、8番手タイムを残した。

 FP2がスタートすると、すぐさまマルケスが走行開始。1分31秒188というタイムで、残り時間4分までタイムシートのトップに君臨していた。

すると、セッションは残り時間12分36秒の時点でセッションは赤旗中断となった。ロレンソが3コーナーへのブレーキングで大きくリヤをスライドさせたことでハイサイドが起き、ロレンソは宙に放り出されてしまったのだ。バイクは大破したが、幸いロレンソはひとりで座ることはできる状態。だがストレッチャーに乗せられ、メディカルセンターに搬送された。

 セッションが再開されると、終盤のアタック合戦でビニャーレスがトップタイムを更新。それをさらにドヴィツィオーゾが上回り、セッショントップとなった。

 3番手にはクラッチロー、4番手がマルケスとなった。5番手以下はダニーロ・ペトルッチ(プラマック・ドゥカティ)、アンドレア・イアンノーネ(スズキ)、アルバロ・バウティスタ(ニエト)、ダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)、ロッシ、ヨハン・ザルコ(テック3・ヤマハ)までがトップ10。中上はドヴィツィオーゾと0.624秒差の13番手となっている。

 心配なロレンソの状況だが擦過傷のほか、左手首と右足首を打撲した。さらに、彼は前戦アラゴンGPで負った右脚の怪我を悪化させてしまったようだ。幸い骨折などの重傷はなかったが、以降のセッションは欠場が濃厚となっている。

【リザルト】MotoGP第15戦タイGP:初日結果

次の MotoGP ニュース
中上、トップ10入賞逃し悔やむ。一方でロッシから学んだこととは?

前の記事

中上、トップ10入賞逃し悔やむ。一方でロッシから学んだこととは?

次の記事

タイ予選:ロッシ復活も、マルケスが僅差でポール獲得を阻止。中上貴晶14番手

タイ予選:ロッシ復活も、マルケスが僅差でポール獲得を阻止。中上貴晶14番手
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ホルヘ ロレンソ 発売中
チーム Ducati Team 発売中
記事タイプ 速報ニュース