MotoGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
30 days
R
フランスGP
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
44 days
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
58 days
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
65 days
18 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
79 days
R
オランダGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
86 days
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
100 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
128 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
135 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
149 days
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
163 days
R
アラゴンGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
178 days
02 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
185 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
198 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
206 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
212 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
227 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
次のセッションまで……
234 days
R
バレンシアGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
241 days

「すべて僕のせいだ」ロレンソ、多重クラッシュの責任を認め謝罪

シェア
コメント
「すべて僕のせいだ」ロレンソ、多重クラッシュの責任を認め謝罪
執筆:
2019/06/16 14:25

第7戦カタルニアGPで多重クラッシュの原因となったホルヘ・ロレンソ。彼はクラッシュの責任は自分にあると、3名のライダーに謝罪の言葉を語った。

 MotoGP第7戦カタルニアGPは波乱の展開となった。

 10番グリッドのホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ)が好スタートを決め、4番手までポジションを上げたが、続く2周目のターン10でロレンソはフロントのグリップを失って転倒。そこにアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)、とヤマハのマーベリック・ビニャーレス、バレンティーノ・ロッシが巻き込まれる形で転倒してしまったのだ。

Jorge Lorenzo, Repsol Honda Team crash

Jorge Lorenzo, Repsol Honda Team crash

Photo by: Gold and Goose / LAT Images

 今回のクラッシュは、2016年のカタルニアGPを思い起こさせる。当時ドゥカティのアンドレア・イアンノーネがロレンソ(当時ヤマハ)に追突し、ロレンソは転倒。ロレンソはイアンノーネに対し激怒していたのだ。

 それを思い起こしているかは定かではないが、ロレンソは今回のクラッシュの責任が自分にあるとして、被害を被ったライダーに謝罪の言葉を発している。

「だたひとつ重要なのは、今日、僕が3人のライダーのレースを台無しにしてしまったということだ」と、ロレンソはピットへ戻ると開口一番に語った。

「(ターン4は)とても繊細なコーナーで、少しでも遅くブレーキをかけるとリカバリーする機会が無いんだ。ロッシ、アンドレア、それからビニャーレスに影響を与えてしまったのは本当に不運だった。全て僕の責任だ」

 ただ、今回のレースではロレンソは適応に苦しんでいたRC213Vについて、重要なステップを踏むことができたとも語った。

「何歩か前進できたと思うし、より速くなるためのものをいくつか理解できたと思う。アッセンではそれを証明できればと思っているよ」

こちらも:

次の記事
MotoGPカタルニア決勝:マルケス独走、今季4勝目! ヤマハファクトリーはクラッシュに泣く

前の記事

MotoGPカタルニア決勝:マルケス独走、今季4勝目! ヤマハファクトリーはクラッシュに泣く

次の記事

波乱のレースを乗り切り8位入賞も……中上貴晶「満足の行く内容でない」

波乱のレースを乗り切り8位入賞も……中上貴晶「満足の行く内容でない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第7戦カタルニアGP
ロケーション サーキット・デ・カタルニア
ドライバー ホルヘ ロレンソ 発売中
執筆者 Oriol Puigdemont