ロレンソ、マレーシアGPでの復帰を目指し、左手首を手術

シェア
コメント
ロレンソ、マレーシアGPでの復帰を目指し、左手首を手術
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
協力: Germán Garcia Casanova
2018/10/25 8:06

ドゥカティのホルヘ・ロレンソは、来週末に行われるマレーシアGPでの復帰を目指し、火曜日に左手首の手術を受けた。

 ドゥカティのホルヘ・ロレンソは、来週末に行われるマレーシアGPでの復帰を目指し、火曜日に左手首の手術を受けた。

 タイGPのフリー走行で、大きなクラッシュを喫したドゥカティのロレンソ。彼はこの影響により、タイGPと日本GPの2戦を欠場した。

 ロレンソはもてぎに訪れ、金曜日のフリー走行1回目にわずか2周走行。ここで左手首に違和感を感じたロレンソは、その後のセッション出走も諦め、さらに今週末のフィリップアイランドのレースも欠場することを決めた。

 レース出走を諦めたロレンソは、日本からバルセロナへと移動。火曜日にデシェウス・クリニックで、MotoGPメディカルスタッフのシャビエル・ミル博士の靭帯修復手術を受けた。

 ロレンソは水曜日には退院し、スイスの自宅へと帰宅。マレーシアGPへの出走に向けたリハビリを開始した。

 しかし今後5〜6日の間に回復が見られなければ、ロレンソはマレーシアGPへの出走を諦め、シーズン最終戦のバレンシアGPへの出走を目指すことになるだろう。

 なお今週末のオーストラリアGPでは、アルヴァロ・バウティスタがロレンソの代役を務める予定だ。バウティスタが抜けるアンヘル・ニエト・チームのマシンには、オーストラリア人レーサーのマイク・ジョーンズが乗ることになる。

次の記事
ロッシ「今はヤマハよりスズキの方が強い」と認める。問題は”加速”か

前の記事

ロッシ「今はヤマハよりスズキの方が強い」と認める。問題は”加速”か

次の記事

ロッシ「”マルケス伝説”に力の証明はいらない」と移籍の必要性否定

ロッシ「”マルケス伝説”に力の証明はいらない」と移籍の必要性否定
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ホルヘ ロレンソ 発売中
チーム Ducati Team 発売中
執筆者 Jamie Klein
記事タイプ 速報ニュース