MotoGP
R
スペインGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
41 days
R
フランスGP
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
55 days
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
69 days
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
76 days
18 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
90 days
R
オランダGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
97 days
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
111 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
139 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
146 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
160 days
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
174 days
R
アラゴンGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
189 days
02 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
196 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
209 days
R
オーストリアGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
217 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
223 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
238 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
次のセッションまで……
245 days
R
バレンシアGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
252 days

ヤマハ復帰を邪魔しなかった……ロレンソ、ホンダの心の広さに感謝

シェア
コメント
ヤマハ復帰を邪魔しなかった……ロレンソ、ホンダの心の広さに感謝
執筆:
協力: Lewis Duncan
2020/02/17 3:28

2019年限りで引退したホルヘ・ロレンソだが、2020年にヤマハでテストライダーを務めることになった。彼は契約を早期に打ち切ることになったホンダが、他メーカーに“移籍”することを邪魔しなかったことについて非常に感謝していると話した。

 2019年、ホルヘ・ロレンソはレプソル・ホンダとの2年契約を早期に打ち切り、現役を引退した。怪我に苦しみ、RC213Vへの適応に大きく苦戦した末の結末だった。

 しかし2020年、ロレンソは早くもMotoGPの世界に帰ってきた。過去に9年間所属したヤマハで、テストライダーの任に就いたのだ。

 ヤマハのチーム体制発表イベントの際、ロレンソとマネージングディレクターのリン・ジャービスは、ホンダのチームマネージャーであるアルベルト・プーチから“怒りの電話”は受けなかったのかと聞かれるも、それを否定し、次のように語った。

「なぜそうなるのか本当に分からない。我々の話し合いは“ホルヘとのみ”だった。MotoGPチームのマネージャーとして、我々は互いにあまり話すことはない」と、ジャービスは言う。

 また、ロレンソの語った内容はこうだ。

「ええと、他のインタビューで話したように……アルベルトは常にとてもスマートで誠実な人だ。それに僕はホンダで過ごした1年間、完全なサポートを常に受けた」

「そしてホンダは今年、僕を他メーカーのバイクに乗らせない、という条項は何もつけなかった。とても感謝している」

「彼らにはそれができただろうけど、しなかった。そういった理由で僕はこの役割に就けているんだ」

「だから僕はアルベルトから、なにも怒りの電話などは受けていない。2019年シーズン中の彼のサポートに、そして契約を破棄した後そういった条項を適用せずにいてくれたことに、とても感謝している」

 そのプーチに、ロレンソの引退からヤマハ復帰についてどう考えているのかを訊くと、彼はこう答えている。

「何が起こったのか、というシンプルな点から見るべきだと思う。我々は契約を破っていないし、2年の契約を結んでいたんだ」

「だがある時ライダーが我々のところに来て、『フィーリングが見いだせなく、モチベーションが見つからない。走るのを辞めたい。これ以上身体を傷めたくない、身体の状態をケアしていきたい』と語った時、我々が言える唯一のことは“オーケー、それなら辞めよう”というものだ」

「つまりそれは我々の意図ではないんだ。彼は2年契約を結んでいた。だがこういった事を言われた場合、何ができるんだ?」

「そしてホンダは、ライダーが望んでいない時にレースバイクを押し付けることは決してしない会社だ。それがバレンシアで我々が進めた方法であり、当時現役を引くことは彼の意図だった。だから彼は引退したんだ」

「そして何らかの理由で、彼はライダーを続ける事を決めた。ホンダの観点から言うべきことは、どんな人も自分の人生でやりたいことを自由に行なえるということであり、我々はそれを尊重する、ということだ。(引退から)数カ月後に彼が変わることを決め、こうした機会を得たなら、我々も彼にとって良かったと思っている」

 

Read Also:

次の記事
想像していたのと違う!? 弟エスパルガロ、KTM新型の改善に驚く

前の記事

想像していたのと違う!? 弟エスパルガロ、KTM新型の改善に驚く

次の記事

スズキの新型は“望んだ場所”にたどり着いたか? エースのリンス、ポジティブ評価

スズキの新型は“望んだ場所”にたどり着いたか? エースのリンス、ポジティブ評価
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ホルヘ ロレンソ 発売中
チーム Repsol Honda Team , Yamaha Factory Racing
執筆者 Valentin Khorounzhiy