マルク・マルケス、怪我の影響未だ引かず「ライディングを楽しめていない……」

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは2020年の右腕骨折から復帰したものの、その怪我の影響によってMotoGPでのライディングを楽しめていないと認めた。

マルク・マルケス、怪我の影響未だ引かず「ライディングを楽しめていない……」

 2020年7月に右腕骨折の怪我を負ったレプソル・ホンダのマルク・マルケス。彼は2021年シーズン序盤に復帰を果たしたが、今も怪我の影響が残っていることもあり、ライディングを楽しめていないと語った。

 骨折したマルケスは計3回の手術を経て、今シーズン第3戦ポルトガルGPからレースへと復帰。第8戦ドイツGPでは復帰後初優勝を果たし、第13戦アラゴンGPで2位を獲得。ホンダ勢ではランキングトップとなっている。

 しかしこうした結果は、マルケスにとって怪我の影響が薄くなる反時計回りのサーキットでしか得られていない。彼は復帰こそ果たしたものの、今でも肉体的な影響が残っており、以前のような走りができていないということは彼も認めている

Read Also:

 第14戦サンマリノGPを前に話を訊くと、彼は現在の状況ではライディングを楽しめていないと認めた。

「もちろん今、僕はレースをしているし、競おうとしている。自分自身の水準を上げようとしているんだ。でも、楽しめてはいない」

 マルケスはそう語った。

「今のところ、数周や、いくつかのコーナーなら楽しめるというのは確かだ。だけど痛みがある時にはそれも楽しめない」

「今、僕は楽しめる瞬間も出始めているところだ。目標はそれをもっと増やしていくことだね」

「バイクに乗るのを楽しめるようになった時が、僕がもっと競争力を出せる時だろう」

 なおマルケスは状態の心配される右腕について、オフシーズン中に4回目の手術を受ける可能性を否定している。そして彼はレース後に腕の回復のため、3日ほど休みをとってからトレーニングへ戻ることになっているのだと説明した。

「今のところの計画は、残るレースでどう改善するかを理解していこう、というものになっている。特にオースティン(アメリカズGP)の後は2週間のオフがあるから、地元で改善できるかを少しずつ試したい」

「今はサーキットから戻ると、3日間の休みを取る必要がある。これは長いし、そうしないと痛みも出てしまう」

「それから2日か3日トレーニングをする。それでもう次のサーキットへ飛ぶ準備だ」

「つまり以前のようなやり方ではなくなっている」

「まだ僕らには計画がある。でも今はとにかくやってみようとしている。やってみようとすることが計画で、それから理解していくことになるだろう。プランAは僕自身への取り組みなんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGPサンマリノFP2:ウエットでザルコ躍動、大差のトップ。中上貴晶は大苦戦24番手
前の記事

MotoGPサンマリノFP2:ウエットでザルコ躍動、大差のトップ。中上貴晶は大苦戦24番手

次の記事

活動終了のSRT、後継チームの『RNFレーシング』が2026年までMotoGPクラスへ参戦

活動終了のSRT、後継チームの『RNFレーシング』が2026年までMotoGPクラスへ参戦
コメントを読み込む