変則シーズンのMotoGP、マルケス弟にホンダワークスの重圧がのしかかる?

アレックス・マルケスは、今季加入したレプソル・ホンダにふさわしいライダーだと証明する時間が限られていることを心配していると明かした。

変則シーズンのMotoGP、マルケス弟にホンダワークスの重圧がのしかかる?

 レプソル・ホンダのアレックス・マルケスは、自身がホンダのワークスチームにふさわしいライダーであることを証明する時間が限られていることから、プレッシャーを感じているようだ。

 2019年にMoto2クラス王者に輝いたマルケス(以下マルケス弟)は、ホルヘ・ロレンソが引退を決断したことによって空いたシートを獲得し、兄であるマルク・マルケスとコンビを組むことになった。

 単年契約でホンダのワークスチームに加わったマルケス弟は、新型コロナウイルスによってシーズン開幕が遅れる中で、自身のパフォーマンスを証明しなければならない。

 ヤマハとスズキはすでに来季のラインアップを確定。KTMも7月のシーズン再開を前にライダーとの契約をまとめる意向を示している。また、ペトロナス・ヤマハSRTはバレンティーノ・ロッシ加入についてヤマハと交渉している。

 シーズン開幕が遅れたことから、レースが実施される前から多くのライダーが契約を延長……そのことでマルケス弟は、MotoGPキャリアを続けるために、自身がワークスライダーにふさわしいパフォーマンスを持っていることを示し、契約延長を勝ち取らなければならない状況に追い込まれている。

「現時点では、コロナウイルスは助けになっていないね」

 フランスのTV局『Canal+』のインタビューに応えたマルケス弟は、圧縮されたスケジュールによって、さらなるプレッシャーを感じるかと訊かれ、そう語った。

「もし自分にできることを示すことができなければ、チームの信頼を失ってしまうだろう」

「スズキのふたり(契約延長したアレックス・リンスとジョアン・ミル)を見てきた。兄のマルクもそうだし、ヤマハのふたり(マーベリック・ビニャーレスとファビオ・クアルタラロ)のこともそうだ」

「ドゥカティは4台(ワークスチームとプラマック)空いていると思う。少なくとも現時点で誰かは契約をすでに結んでいると思うけど、まだ発表はされていない」

「今のところ、僕はそれを少し心配している。シートが埋まっているというのは僕の助けにはならない。でも辛抱強く待って、ホンダの決定がどうなるかを待つ必要がある」

 マルケス弟は以前、MotoGPのレースを戦う前に新たな契約を手にすることは望まないと語っていた。彼の兄であるマルク・マルケスは、シーズンが再開された後、序盤のレース次第で状況が変わる可能性があると認めた。

「シーズンのこの段階で多くのライダーは契約を持っていないものだが、今季は多くのことが終わっている」

「ここ数ヵ月、多くの時間があったから僕は弟と話をした。彼はバイクに乗るのを楽しみにしているし、他のライダーと同じように自分のレベルを示したいと考えている。誰もがMotoGPライダーになりたくて、バイクを探しているんだ」

「今は辛抱強くなくてはいけないし、その時が来たら全力を発揮しなくてはいけない。しかし、いつもとは違うレースになると思う。多くのライダーが、契約を得ようといつも以上にプッシュするだろうからね」

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGP、アジア転戦は無観客なら開催不可!? 日本GPも影響避けられず

前の記事

MotoGP、アジア転戦は無観客なら開催不可!? 日本GPも影響避けられず

次の記事

ワイルドカード禁止はホンダの差し金? ロレンソ“復帰”を嫌ったとの憶測も

ワイルドカード禁止はホンダの差し金? ロレンソ“復帰”を嫌ったとの憶測も
コメントを読み込む