「弟の契約に口出しはしない」長期契約結んだマルケス兄、ホンダへの“圧力”はかけず

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、弟のアレックスはチームとの契約延長を勝ち取る必要があり、ホンダへ“贔屓”を押し付けることはできないと語った。

「弟の契約に口出しはしない」長期契約結んだマルケス兄、ホンダへの“圧力”はかけず

 2020年のMotoGPは、歴史的なシーズンとなった。レプソル・ホンダが、マルク・マルケスとアレックス・マルケスという、史上初の兄弟チームを結成したためだ。

 兄のマルクは最高峰クラス昇格以降、一貫してホンダに在籍。これまでに6回のMotoGPタイトルを獲得している。そして今年2月、彼はホンダと2024年までの長期契約を結んだことが明かされるなど、その蜜月関係はしばらくの間は終わりそうにない。

 一方で、弟のアレックスは2020年の1年契約となっており、今後の契約を勝ち取っていく必要がある。しかし彼の2021年の契約延長は確実だろうという見方もある。

 ただマルクは、アレックスが契約延長を勝ち取れるかどうかは、彼の結果次第であり、自分が介入することはないと語った。

「僕の契約がチームメイトの項目に触れることは、決して無い」とマルクは言う。

「これまでに僕は誰がチームメイトになろうとも拒否したことはなかった。去年(ホルヘ)ロレンソが来たときも拒否しなかった。それに弟や他の誰かを(起用するように)ホンダに押し付けるつもりもない」

「もしアレックスがホンダに留まりたいなら、彼は自分自身でそれを勝ち取る必要がある。それができないなら、他の誰かがチームメイトに収まるだろう」

「アレックスは自分のキャリアを築くのに十分な年だ。僕も自分のことに集中しているんだ」

 今回、マルクは4年間というMotoGPで主流となる2年契約からは外れる契約を結んだ。彼はその理由を次のように語っている。

「こうした長期契約にサインする動機は、今僕らが持っているような“勝つためのプロジェクト”を求めているからだ」

「僕、そしてホンダの両方が継続性を求めていた。この提案はホンダからもたらされて、僕の優先事項もこのチームに残留することだった。僕はここを家のように感じているし、目標が何なのかを忘れずに幸せを探す必要があるんだ」

「今後5年、これよりも優れたプロジェクトは存在しない。ホンダは100%の力をかけてくれるし、僕もそうするつもりだ。どちらも気を散らすことは無い」

 

Read Also:

シェア
コメント
ヤマハの“問題”は解決していない? ロッシ「レースペースを維持できない」

前の記事

ヤマハの“問題”は解決していない? ロッシ「レースペースを維持できない」

次の記事

KTM期待の新人ブラッド・ビンダー、テスト好タイムもレースペースは課題あり?

KTM期待の新人ブラッド・ビンダー、テスト好タイムもレースペースは課題あり?
コメントを読み込む