マルク・マルケス「今のMotoGPは長期キャリアが難しい」なお当人は来年13年目に突入

マルク・マルケスは現在のMotoGPの性質から、ライダーが長いキャリアを積み上げることは不可能になってきていると語った。

Marc Marquez, Gresini Racing

Marc Marquez, Gresini Racing

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 ロードレース世界選手権MotoGPで8度チャンピオンに輝いているマルク・マルケス(グレシーニ)だが、彼は今のMotoGPの性質では、ライダーが長期的なキャリアを築くことは難しいと語った。

 MotoGPでは5月にアプリリアのアレイシ・エスパルガロが、2024年シーズン限りでの現役引退を表明した。14年以上にわたるMotoGPクラスでのキャリアを築いてきた、ベテランの引退だ。

 そしてエスパルガロの引退によって、MotoGPクラスの最も長いキャリアを持つ人物は、マルク・マルケスとなる。最高峰クラス6度のチャンピオンは来年でクラス13年目を迎える。

 そんなマルケスは、今のライダー達がエスパルガロのように長期のキャリアを築くことは、難しくなっていると考えている。

 エスパルガロと同じくらい長いキャリアをライダー達が築くことを期待できるかと訊かれたマルケスは、こう答えた。

「僕としては、それはチームにとっても非常に難しいことだと思っている」

 そしてマルケスは次のように続けた。

「なぜか? それは近年、結局はライダーが違いを生んでいるからだ」

「ただそれはかなりマシンへの依存が大きくて、ライダーの水準も非常に均質なように見える」

「ラップタイムをチェックしてみれば、ほとんどのライダーがMotoGPにふさわしいのが分かるだろう」

「だけどそこで、Moto2からも非常にプッシュしてくるライダーがいるんだ」

「そのために、長いキャリアを築くのは難しい。よく言われる言い方でなら、『到達するのは難しくないけど、レベルをキープするのは難しい』ということだ」

 なおマルケスは2025年に32歳を迎える。キャリア的には既に大ベテランと言えるが、MotoGPではバレンティーノ・ロッシが42歳まで現役を続けていたため、理論上はあと10年間やれるかもしれない。

 なおそんなロッシは2021年で引退。最後の優勝は2017年のオランダGPとなっている。

 マルケスも2021年以来優勝からは遠ざかってしまっている。しかしホンダからドゥカティ陣営に移籍した今シーズンからは復活。まだ優勝はないものの、トップ争いの常連となりつつある。

 そして2025年から、マルケスは2年契約でドゥカティファクトリーチームへ昇格することが決定している。ここで結果を残せば、マルケスのキャリアはさらに延長されるかもしれない。

 

前の記事 ラウル・フェルナンデス「Moto2行きはオファーがあっても考えるつもりはない」
次の記事 アプリリアへ移籍するマルティン、ドゥカティはサポートを減らすのか? マネージャーは「扱いの維持」を予想

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本