MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ドイツGP
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
1 days
R
アンダルシアGP
24 7月
-
26 7月
次のセッションまで……
8 days
R
チェコGP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
21 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
28 days
R
スティリアGP
21 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
36 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
56 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
64 days
R
カタルニアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
71 days
02 10月
-
04 10月
Canceled
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
85 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
91 days
R
アラゴンGP
16 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
92 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
99 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
113 days
13 11月
-
15 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
120 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
Canceled

レース無しで契約更新は考えたくない! 1年契約のマルケス弟、再開を“心待ち”に

シェア
コメント
レース無しで契約更新は考えたくない! 1年契約のマルケス弟、再開を“心待ち”に
執筆:
協力: Jamie Klein
2020/05/01 8:56

今季からMotoGPクラスへ昇格したアレックス・マルケスだが、新型コロナウイルスの影響でレースが実施されていない状況で契約延長について考えるのは好ましくないと語った。

 2019年にMoto2クラスでチャンピオンとなり、2020年はホルヘ・ロレンソの後任としてレプソル・ホンダからMotoGPデビューすることになったアレックス・マルケス。

Read Also:

 アレックスとホンダの契約は1年間のものとなっているため、彼は来年以降もMotoGPで戦うためにホンダのファクトリーチームに値するライダーであると証明する必要があるが、新型コロナウイルスの影響によってそれはこれまで行なえていない。

「レースが始まって、良い結果を手にするのを楽しみにしている。それがホンダとの契約を更新する唯一のチャンスだ」

 アレックスはスペインのMundo Deportivo紙にそう語った。

「トラックで契約更新に値する結果を残す前にそういったこと(契約更新)をするのは、僕としては遠慮したい。ライダーとしても好きじゃない。それが起こらないこと、そして今年たくさんのレースができることを願っている」

「僕ほどレースに戻りたいと思っている人はいないと思う。MotoGPに適応し、プロジェクトを理解しできる限り多くの事に関わっていくのが楽しみなんだ」

「シーズンが中断されていることは、ルーキーにとっては更に大きな不利になるけど、今は我慢する以外にできることはない。今の優先事項は新型コロナウイルスの件が解決されることなんだ」

 アレックスの兄でチームメイトのマルク・マルケスは、既にホンダとの契約を更新。その他にはヤマハがマーベリック・ビニャーレスとファビオ・クアルタラロと契約を更新し、スズキのアレックス・リンス、アビンティアのティト・ラバトも2020年以降の契約を結んでいる。

 5名のライダーのみが来季以降の契約を手にしている状況だが、兄のマルクはエンジンと空力開発の凍結がされたことと同じように、ライダー契約についても同じような措置を検討しても良いのではないかという考えを示している。

「この状況は難しい」と、マルクはスペインの日刊紙Marcaに語った。

「僕は既にホンダと4年間の契約更新を結んでいる。これは両者にとってリスクのあるものだったけど、僕は良いものだったと考えている」

「だけどまだ契約に署名していない多くのライダーが居る。彼らはMotoGP、Moto2、Moto3でそのポジションに値すると証明しなくちゃいけない。そして、僕の弟もそこに含まれる。僕としてはチームは機転を見せるか、よりオープンマインドである必要があると思う」

「マシンの開発は2020年から2021年まで凍結されている。パンデミックはチームの予算にも影響を及ぼすだろうから、これはいい考えだと思う」

「ライダーの契約にも同じようなことをしてみたらどうだろうか? 今年は何も起こらなかったかのように、彼らはそれを凍結することができるだろう。でも、それらは僕の手には負えないことでもある」

 

Read Also:

次の記事
あなたは厳しい時でも“笑顔”だった……ビニャーレスが先輩ロッシから学んだこと

前の記事

あなたは厳しい時でも“笑顔”だった……ビニャーレスが先輩ロッシから学んだこと

次の記事

昨年2勝のリンス、不愉快。「スズキのマシンが乗りやすいおかげ」との憶測に

昨年2勝のリンス、不愉快。「スズキのマシンが乗りやすいおかげ」との憶測に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー アレックス マルケス
チーム Repsol Honda Team
執筆者 Lewis Duncan